2014.05.28

前線の連携を課題に挙げた香川「もっとコミュニケーションを」

香川真司
キプロス戦でクロスを試みる香川 [写真]=Getty Images

「キリンチャレンジカップ2014」が27日に開催され、日本代表とキプロス代表が対戦。太ももの負傷から公式戦約4か月ぶりの復帰戦となった内田篤人が前半終了間際に決めた先制点により、日本代表が1-0で勝利した。

 同試合にフル出場した香川真司は試合後、「自分としては2本目3本目というか、縦に入った時に動き出しの質や量が上がらなかったのかなと。みんな疲れているのは分かっていますけど、質や量を次の試合は増やしていけるようにやっていかなきゃいけないのかなと思います」と、前線での連動性に欠けたとコメント。「縦パス入って、みんなが動いて連動できた時はチャンスになっていたし、その回数をもっと増やしていかないといけないと思います」と改善点に触れ、連携面の更なる向上をポイントに挙げている。

 後半途中からは、大久保嘉人がワントップに入り、香川との連携も度々見られた。「嘉人さんは自由に動く選手ですし、スピードがあってシュートもありますから、もっともっと練習だったり、アメリカ行ってから試合もありますし、もっと連携をやっていきたい」と、コミュニケーション、意志疎通をさらに密にしたいと語り、「いろんな選手ともっとコミュニケーションを取ってやる必要があると思う」と、大久保に限らず、関係性の強化を課題にしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る