FOLLOW US

4年前は代表落選味わったGK西川「W杯に出ること考えてやってきた」

プーマの新作スパイク「トリックス」の発表会に出席した西川 [写真]=兼子愼一郎

 プーマは14日、新作スパイク「トリックス」の発表会を都内で行い、同社のスパイクを使用し、12日に発表されたブラジル・ワールドカップに出場する日本代表であるGK西川周作とDF酒井宏樹が出席した。

 初のワールドカップに臨む両選手。西川は、「4年前は呼ばれるか呼ばれないかというところで外れてしまって。(川口)能活さんが入ったことにはすごく納得していましたし、すぐ切り替えることができたので。ブラジル・ワールドカップで試合に出るということを考えながら4年間、やってきました」と、前回大会からの自身の積み重ねを振り返り、「選ばれたことで満足せずに、ピッチに立つ気持ちを持ちながら、どれだけチームが団結できるかが大事だと思います」と意欲を語った。

 12日の代表発表会見については、「呼ばれる前にザックさんの話がちょっと長かったので、すごくドキドキしていました」と笑わせた西川。同じくプーマのスパイクを着用し、この日の会見はビデオ出演となったGK川島永嗣について問われると、「永嗣さんから学ぶものはたくさんあって。練習では常に100%だし、勝負にこだわって練習でもやっている姿勢というのは見習わないといけないなと。練習の時も、色々な話も聞けるので。キーパー3人がいい関係でやれているのかなと思います」と語っている。

 また、本大会出場へザッケローニ監督にどうアピールするかを聞かれ、「特別何かをアピールしようとは思っていないです。日ごろの準備がいかに大事かは自分自身理解しています。クラブでやっているいつものプレーを合宿でもやって、チャンスが来た時にいい結果を出せるよういい準備をしたいと思います」と普段のプレーを心掛けることを強調した西川は、「ブラジルではチーム一丸となって上を目指して頑張っていきたいと思います。日本中を盛り上げられるよう頑張リます。応援宜しくお願い致します」と、意気込みとともに、サポーターへメッセージを伝えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO