FOLLOW US

トレーニングパートナーは東京五輪世代の坂井大将と杉森考起

 日本サッカー協会は13日、6月に開幕するブラジル・ワールドカップに向けた日本代表の事前合宿に帯同させるトレーニングパートナー2選手を発表した。

 選出されたのは、大分トリニータU-18の坂井大将と名古屋グランパスU18の杉森考起の2選手。

 トレーニングパートナーとして招集された選手は、2020年に行なわれる東京オリンピックに現行の条件で出場資格のある現在の高校生年代が対象。ワールドカップ開幕前の国内合宿とアメリカ遠征まで参加し、ブラジル国内合宿と本大会には帯同しない。なお、前回の南アフリカ・ワールドカップで登録メンバーに帯同したサポートメンバーは、今回は採用されない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO