2014.05.11

フットサル日本代表、史上初の連覇で3度目のアジア制覇

 フットサル日本代表は10日、ベトナムで行われているAFCフットサル選手権の決勝で、フットサルイラン代表と対戦した。

 日本は、8分に先制されて前半を折り返したが、後半に入ると、稲葉洸太郎が得点して1-1に追い付く。同点のまま延長戦に突入すると、延長前半開始直後に、再びイランにゴールを割られ、勝ち越しを許してしまう。しかし、1点ビハインドで迎えた延長後半直後に渡邉知晃のシュートが相手に当たり、ゴールイン。再び追い付くと、2-2のままPK戦を迎えた。

 PK戦では、先行の日本が3人連続で成功。守りでは、GK関口優志が3連続シュートストップを見せ、3-0で勝利。史上初となる連覇で、3度目の優勝を達成した。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る