FOLLOW US

父の一周忌に吉報を…2得点の大久保、代表でやる自信は「全然ある」

 J1第13節が10日に行われ、川崎フロンターレ鹿島アントラーズが対戦。小林悠大久保嘉人が2得点ずつを決めた川崎が4-1で勝利した。

 12日の日本代表メンバー発表を前にした最後の試合で強烈なアピールを行った大久保。同試合についてや、熱望する声の多い日本代表招集について、試合後に以下のようにコメントしている。

―得点は取りたかったか?
「毎試合取りたいですけど、取れない時は取れないしという考えではありますけど。取れなかったらちょっと、悔しいですね。その気持ちは持っていたので」

―今日のゴールですべての結果が変わるわけではないが、気持ちよく代表発表を待てる?
「そうですね、気持ちよく待てるし、楽しみです」

―シーズン途中で言うのもあれだが、そこに向けてはやることはやった?
「不安はないです」

―今日2点とも向こうのミスから来たボールだったが、もちろん自分で決めたが、ツイていた?
「案外、一対一難しいですよ。一対一難しい。あれだけDF戻ってきてゴールの中に入っていたので。ちょっと緊張しましたけど。でも、(GKを)抜いた時点で『ああ、もう入ったな』というのはわかったので。2本目は、1本目を決めている余裕があったり、来た瞬間に入ったなというのは思っていましたけど。ゴールはゴールです」

―前半に抜け出したときにファウルを取ってくれないところもあったが。
「とりあえず、ラインズマンとか、追いついていないですからね。だから、しょうがないかなと。でも、ゴール裏に審判とかいれば絶対分かるから。まあ、そういうときに限ってなんかいいチャンスがくるかなというのは」

―去年からそうかもしれないが、エリア内で相手の手はかかっていたと思うが、そこで倒れるという選択肢よりも決めにいくという意識が強いのかなと思うが。
「倒れたらもったいないという気持ちもあるし、そこで決めたいという気持ちの方が強いので。あきらかに引っ張られていたら(相手が)退場になるので」

―リーグ戦でも非常に大きな勝利だが。
「大きいですね」

―川崎のいいところが全部出た?
「先に早い時間で点が取れたということと、その後追いつかれましたけど。その後また(小林)悠が取って勝ち越したというのは大きいですね。そうなるとフロンターレのサッカーはもっと脅威になりますからね。そこは一番良かったかなと思いますね」

―4年前と比べて今の方が確実にステップアップしているという実感は?
「もう楽勝でしょう」

―サッカー観とかも変わった?
「全然違います。あのときは恥ずかしいなと。よく選ばれたなと思うので」

―(代表発表日は父の1周忌で)慌ただしく(地元に)戻るみたいだが、いい報告ができる?
「まあね、よかった」

―気持ちよく報告が。
「ムラムラしながら帰りたくなかったから。1点でもいいから取って帰りたいなと思って」

―1点目決めた後、表情がすごく。
「いや、もうホッとしました」

―いい報告ができるという気持ちは決めた直後あった?
「そっちはもう全然関係ないです、個人です。個人でホッとしました」

―周りからも選んでほしいとか、選んだ方がいいんじゃないかなという声もあって、ファンからもよく聞くが、そういう中で今日のような最後の試合を迎えるのは気持ち的にもちょっと見せないなという思いもあったのか?
「いや、常にそう。常に点を取らないといけないなという気持ちは、責任感は持ってやっている。取れない時はくやしいし、毎試合その気持ちを持ってやっているので、それが良かったのかなと」

―今日の2点で、日本人の中では得点ランクで一番上に。
「まだまだ。まだまだ全然」

―代表発表の12日は大久保選手にとって、すごく特別な日だと思うが、どういう気持ちで12日の朝を迎えるか?
「気持ちでは、不安はないですからね。楽しみで待っている。それまでほとんど選ばれていないから、選ばれないで当然、選ばれたらサプライズという気持ちの方が強いので。自信はありますし、結果出し続けてね。もう楽しみの方が強いです。別にどっちに転がろうがね」

―4年前より全然いいという話があったが、キャリアの中でも一番充実している?
「そうですね、今は充実していますね」

中村憲剛選手とのコンビネーションも非常に良かったが?
「そうですね。出てくるので、それを決められて良かったですね」

―得点決めた時にDFやGKもすごく喜んでいたが?
「どうですかね。取って欲しかったというのもたぶんあったと思いますけど。そこまで見る余裕はなかったですけど、嬉しいですね」

―仮に代表に入ったとして、やる自信はあるか?
「全然あります」

―知っている人ももちろんいるし?
「まあ、そうですね」

―それはスーパーサブでも?
「全然いいです」

―最後の試合でしっかり決められるのは、自分は持っているというか、そういう感覚は?
「そうですね…」

―それは日々の積み重ねか?
「積み重ねだと思います。持っているとかそういう風には思わないですけど」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA