2014.05.05

1G1Aと活躍の大迫「W杯メンバーに選ばれるようアピールしないと」

 ブンデスリーガ2部第33節が4日に行われ、日本代表FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンとMF田坂祐介の所属するボーフムが対戦。大迫と田坂が、ともに先発出場した試合は、大迫の1得点1アシストの活躍で1860ミュンヘンが2-0で勝利した。

 試合後、取材に応じた大迫は2試合連続となる今シーズン6点目となった先制点の場面について、「ラッキー。(ボビー・ウッドが)見ていてくれましたけど。初めてトップ下で頭からやって、一番苦労したのは守備のところですね。サイドハーフが下がらないからそこまで消さないといけないというのがホントにあったので、もうちょっと下がってほしかったです」と振り返り、トップ下での起用についても言及。

「やりながら点を取るしかないと思っているし、そこは割り切ってやるしかないので。それはこっち来て一番思ったし、ホントにこのチームだったら点だけ狙うというのは、なかなかボールも入って来ないし、そこは上手く引き出しながらやるしかないので。そこは新たに幅が広がったかなと思います」と、手ごたえを感じる部分があると話した。

 今シーズンも残すは1試合となったが、「僕はワールドカップがあるので、そこを目指して、メンバーに選ばれるように、まずはそこにアピールしないといけないと思うし、チームは上にも行けず、下にも行けずという感じなので、まずはチームが勝つことを目指したいです。(具体的には?)ゴールだと思うので。トップ下やっても、ゴールに向かえるトップ下の方が相手にとって怖さもあると思うし、選手としてすごく評価されると思うので、そこは大事にしたいです」とコメント。ブラジル・ワールドカップのメンバー選出を目標にやっていくことを強調した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る