FOLLOW US

マインツFW岡崎、2戦連発今季14点目…香川抜き欧州日本人得点記録更新

前半、得点を挙げて喜ぶ岡崎 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第32節が26日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するマインツと、同代表MF清武弘嗣長谷部誠の所属するニュルンベルクが対戦。岡崎、清武は先発出場、長谷部は負傷離脱中のため欠場した。

 ヨーロッパリーグ出場権獲得を狙う7位マインツと、1部残留に後のない17位ニュルンベルクの一戦は、前半30分に動く。左サイド浅い位置でマインツがFKを獲得すると、ヨハネス・ガイスの送ったボールに岡崎がヘディングで合わせて、ネットを揺らした。岡崎は2試合連続の今シーズン14得点目となり、2011-12シーズンに当時ドルトムントに所属していた日本代表MF香川真司の持つ欧州主要リーグ日本人最多得点記録を更新した。

 マインツは前半終了間際の44分にもCKのこぼれ球を、クリストフ・モリッツがミドルシュートをゴール左へ決め、追加点を獲得する。

 後半に入ってからもホームのマインツが主導権を握り、終盤はニュルンベルクがマインツゴールに迫ったが、スコアは動かず終了。マインツが2-0で勝利した。

 マインツは2試合ぶりの白星で勝ち点を50とし、暫定で6位に浮上した。一方のニュルンベルクは5連敗となった。なお、岡崎は90分までプレーし、大きな拍手の中ベンチに下がった。清武はフル出場している。

【スコア】
マインツ 2-0 ニュルンベルク

【得点者】
30分 岡崎慎司(マインツ)
44分 モリッツ(マインツ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA