2014.04.26

伊紙、本田に最低点「『日出ずる国』日本があっという間に沈んだ」

本田圭佑
ローマ戦で警告を受けた本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第35節が25日に行われ、ローマと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチとコートジボワール代表FWジェルビーニョの得点で、ローマが2-0と勝利し、9連勝を飾った。

 同試合で先発出場した本田は、左足首の捻挫から3試合ぶりに復帰したが、79分に途中交代。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表し、本田にはチーム最低タイとなる「4.5」を付けた。(最高点10、最低点1)

 同紙は、「質の高いバイクの名前を持つホンダは、チームを活発に動かすことができず、自身のパフォーマンスの面でも走りが十分ではなかった。1対1の場面で輝きを放つことはなく、自信のないサポート、無謀なシュートと、ローマの装甲された堅固な守備に対し、三輪車で挑むカミカゼのようであった。『日出ずる国』である日本があっという間に沈んでしまったようである」と、厳しく寸評している。

 本田と並び、イタリア代表FWマリオ・バロテッリに最低点となる「4.5」が与えられ、ミランでは、イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォの「6」が最高点だった。マン・オブ・ザ・マッチは先制点を決め、採点「8」を獲得したピアニッチが選出されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る