2014.04.10

青山敏弘が日本代表候補合宿を振り返る「自信がついた3日間」

前半に出場した青山敏弘(右) [写真]=瀬藤尚美

 日本代表候補トレーニングキャンプの最終日が、9日に千葉県内で行なわれた。流通経済大学と対戦した練習試合では、23選手全員が出場。川又堅碁と南野拓実が得点して、2-0と快勝した。

 前半の45分に出場したサンフレッチェ広島の青山敏弘は試合後、以下のようにコメントした。

―今回新たにつかめた部分は?
「やっぱり代表に入ってまだ日が浅いので、監督の下で学ぶものは多かったですし、コンセプトというところでまだまだ自分の体になじんでなくて、考えながらやっている部分はあったわけで、そういった中でこの3日間で少しでもオートマティックに体がコンセプトに反応できるように意識して努めたつもりですけど、そういういい面を含めてよかったと思います」

―落ち着いてボールを配給しているように見えたが?
「監督がタテへの意識を自分に求めていると思うし、そういったところも出せてたので、そういうイメージを自然とグラウンドで出せるようになってきたのかなと思っていますけど、まだまだです」

―サバイバル合宿だったが?
「ある程度、監督は自分のことを分かってくれていると思いますし、今回はサバイバルという意味で、いかにやってきたことをコンスタントに出せるかを見られていると思ってやりました」

―メンバー発表まであまり時間がないが、コンセプトをもう少し染みつかせるために自分の中でやれることは?
「グラウンドで監督の指示を集中して聞いていたつもりですけどね。僕は本当に代表に入って日が浅いので、伸びしろがあったと思うし、この3日間でもだいぶ伸びてきたと思うので、自信がついた3日間だと思いました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る