2014.04.08

代表合宿二日目を終え、鳥栖FW豊田「試合では存在感を出したい」

豊田陽平
水本(左)とボールを奪い合う豊田(右) [写真]=瀬藤尚美

 8日、千葉県内にて日本代表候補トレーニングキャンプの二日目が行われた。

 同キャンプは国内組のみで構成。ブラジル・ワールドカップ出場メンバー発表の5月12日まで約1カ月となり、アルベルト・ザッケローニ監督が見守る中、二日目は紅白戦などが行われた。

 練習後、サガン鳥栖所属のFW豊田陽平は、以下のようにコメントしている。

――二日目が終わったが?
「残りは明日のゲームだけなので、得点もそうですけど、存在感をしっかり出していきたいと思います」

――今日の紅白戦のような流れだと得意のクロスはなかなか上がってこないが?
「そうですね。今日はいつもやる試合とは全くイメージも環境も違うし、みんなチームとして、やろうとしていることを出そうという感じなので、ちょっと型にはまりすぎてミスしたりとか、いろいろ難しい部分はあったんですけど、試合は状況状況によって変わってくるので、しっかり明日に向けていい準備をして臨みたいと思います」

――今日は南野拓実選手らと一緒にやったが、連携面は?
「拓実とはずっとコンビ組んでいたので、『いい距離感で』という話をしていました。終わってからは(柴崎)岳にボールを出してほしいってことをちょっと話しました」

――急造感があってやりづらさがあったのでは?
「そうですね。初めて来たメンバーや、自分を含めて経験の浅い選手は、チームの求めていることを、やろうやろうとしすぎて、逆に普段のプレーが出せなくてというのがあって、難しい部分はありました。でも、それはそれでしょうがないとは捉えていますし、トレーニングマッチになるとまたよくなったりするものだから、あまり意識はしていないですね」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る