2014.03.26

南野拓実、U-21代表戦に意気込み「みんな燃えている」

 千葉県内で合宿中のU-19日本代表候補が25日、関東サッカーリーグ1部のVONDS市原と練習試合を実施。浦和レッズのMF関根貴大とガンバ大阪のMF小川直毅が得点して、2-1で勝利した。

 試合に出場しなかったセレッソ大阪のFW南野拓実は、合宿最終日の26日に行われるU-21日本代表候補との練習試合に向けて意気込みを語った。

 ―今日の試合を外から見てどうだったか?
「今日の相手と明日の相手では、全く違う戦い方になるし、違う展開になるとわかっているので。アドバイスするというか、同じポジションの選手に言ってあげられることをがあればと、見ていたんですけど。自分が入って2カ月弱やっていないので、その分今日の試合はちょっとイメージしながら見ていたんですけど、明日の試合に関しては相手もパッと寄せ集めだと思う。自分たちはちょっと離れていましたけど、やっている時間は長いので、連携のところとかは少しは上回れると思うので。まだ明日まで時間はあるので、しっかりと選手同士話し合っていければいいかなと思っている」

―明日はJリーグでやっている選手が出てくると思うが、いつも経験している分、イメージとかアイディアは浮かびやすいのか?
「あんまり自分は相手に対してプレースタイルを変える選手ではないと思っていますし、いつも通り自分の100パーセントを出すように、やるべきことをやるために良い準備をするだけなので。でも、チームは変わっているのでチームとしての約束事であったり、やり方というのはしっかりと頭で整理した上で自分のストロングポイントを出していければいいと思いますけど」

―セレッソとU-19日本代表ではどういう違いをつけながらプレーしているのか?
「ピッチに入ったら基本的に誰にも遠慮しないし、いつも通りなんですけど、やっぱり世代別で僕が一番上ですし、プロの選手として自覚と責任を持ってということは当たり前ですけど、意識はしています。でも、このチームはすごく雰囲気もいいし、みんな普段からいい雰囲気でトレーニングしているので、仲もいいのであんまり意識はしていないですね」

―合宿は久しぶりの参加だが、コミュニケーションは積極的に取っているのか?
「終わってからも選手同士は話していたし、言いやすい環境だとは思います。自分は今日入っていない分、夜とかにコミュニケーションを取れたら取っていこうと思っています」

―そういうときは、自分からリーダーシップを発揮しながらやっているのか?
「みんなを集めてとかはないですけど。個人個人でちょっとタイミングがあったら、自分から話しかけに行くこともあります。でも、結構やっているので特長はわかっているつもりですし、わかってくれていると思うので。後は実戦をやってみて問題が出てきたときですね。一番はピッチ内で解決できることですし、そういう意味でも明日はいい一戦になると思います」

―修正力を自分たちで出せるかという?
「真剣勝負になりますし、たぶんもうない機会ですし。すごいアピールの機会でもあると思うので。こっちはみんな燃えているので」

―明日は(アルベルト)ザッケローニ監督も来るということで、大きなチャンスだと思うが?
「そうですね。僕だけではないですけど、そういう意味でも自分的には燃えていますね」

―2週間後に国内合宿もあるし、そこに残れればワールドカップも開けてくると思うが?
「そうですけど、今の自分にできることは明日の試合のためにいい準備をすることだと思っているので、そこで何か表現しないと何もないですし、そこでしっかりと結果を出すことを今考えていることなので、いい準備をしていきたいです」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る