2014.03.06

敗戦のNZ代表監督「経験不足やナイーブさ、若さがミスを生んだ」

敵地で2ゴールを奪ったニュージーランド代表 [写真]=Getty Images

 5日に行われた「キリンチャレンジカップ 2014」で、日本代表はニュージーランド代表と対戦し、4-2で勝利を収めた。

 試合後、ニュージーランド代表のニール・エンブレン監督は、以下のように敗戦を振り返った。

「最初の10分がなければなという思いがある。残りの80分は非常に良いプレーをしたと思うし、2点の良いゴールを決めることができた。とにかく試合開始直後に、個人的なミス、コミュニケーションミステイクがあり、それを日本につかれてゴールを決められた。自分たちのプレーができる前に、実際問題として試合が終わってしまったという状態だった。その意味で非常に残念だった」

―90分全体では本当に良い試合だと証明したが、最初の10分はなぜあのようなプレーだったのか?
「経験不足でナイーブで若いというところが、ミスを生んでしまったと思う。何しろ、1点目がコミュニケーションミスから生まれてしまった、そして3点目はフリーでヘディングされて生まれた。通常、セットプレーのときは、自分たちでしっかりと止めることができるはずだが、それができなかった。4点目はキーパーのミスから生まれてしまった。残念な形での失点ということが、自分たちに大きくのしかかってきてしまった。日本がゴールを奪ったというよりも、我々がプレゼントしてしまったという性質の強いゴールだった。その後は、日本も良いプレーをしてチャンスもたくさんあったが、我々も良いプレーをして日本陣内にもしっかり進んでいって、もっと点を取れるチャンスもあった。最初はミスが多かったということになる」

―日本の弱点はどこか?
「日本に弱点があるかとか、日本に注目するというよりも、自分たちのことで精一杯だった。弱点と言われても、頭に浮かばない。FWの能力も素晴らしく、本田(圭佑)や香川(真司)、長友(佑都)も非常に優れている。長友についてはインテルでのプレーをテレビで見たことがあるが、実際に目の前で見ることははじめてだったので、左サイドでの攻撃は素晴らしいと思った。ただ、弱いところがあるとすると、左サイドのほうが右サイドよりも強力ということはあるかもしれない。ただ、だから右サイドが弱いというわけではなく、右サイドのアタッカーは良かったと思う。それでも、左サイドに香川と長友がいたことは確か。日本は非常に沢山の選択肢があり、非常に優れたチームなので、私から日本のここが弱いと言える立場ではない。ワールドカップで素晴らしい活躍をして欲しいと思うし、ワールドカップで数々の勝利を収めてくれたら、我々の今回の試合の結果も輝いて見えると思うので、それを祈りたい」

―ニュージーランドやオーストラリアでプレーしている選手は、寒さもあってあまり良い状態でプレーできなかったと捉えているのか?
「特に寒さの影響はなかった。選手の内の7人は暑い気候でプレーをして、今日は気温の下がった中でプレーしたのは確かだが、彼らはプロでこの時間、この気候でプレーすることに慣らすために、2日くらい前から試合時間と同じ夜にトレーニングをした。だから、この環境にも慣れることができたので、問題はなかった。もしも、プレーが固まっていたら、それは気温のせいではない。ピッチやファンも素晴らしい。選手は悪い影響を受けていない」

―後半だけを見ると1-0で上回っているが、ハーフタイムにどのような指示を与えたのか?
「選手達にはとにかく勇気を持って勇敢に試合をしようと。それから、シンプルに聞こえるが1点ずつ地道に返していこうと言った。単純なメッセージだったが、最初の15分間に気持ちの上でガッカリした印象を残したので、わかりやすいメッセージにすることが大事だった。それから試合開始直後のフォーメーションが悪かったかもしれない。これは、自分の責任。中盤がちょっと伸びてしまったので、4-1-4-1に変えて、そこから良くなった。だから、分析してみると、最初からそのフォーメーションでスタートすれば変わったかもしれない。しかし、間違えがあったなら、それを学び即座に改善することが大事。だから、ハーフタイムに選手達に言ったことは、後半は勝とうと、勝てると信じようと伝えた。後半は我々が得点して、日本のシュートがポストに当たった面もあるが、我々ももっと得点するチャンスがあったから、言ったことはできたと思う」

―20分過ぎたあたりから良くなった理由は、本来の力を取り戻したのか、それとも日本側に原因があったのか?
「20分過ぎたあたりでミスをしなくなったことが一番大きい。それと、フォーメーションを変えたということだと思う。日本はいつも通りのスタイルで、20分過ぎてもゴールに向かって進んでいた。だから、我々の方がまとまりが出てきて、ミスが少なくなって必然的にプレーが良くなったことが理由だと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る