2014.03.06

NZ戦を振り返る…酒井宏「失点は自分のミス」、大迫「点を取りたかった」

大迫勇也
[写真]=足立雅史

 5日、「キリンチャレンジカップ2014」が行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦。日本は開始17分までに岡崎慎司の2得点、香川真司、森重真人のゴールで4点を奪ったが、その後はニュージーランドに2点を奪われ、4-2で勝利したものの、試合運びに課題を残す結果となった。

試合後、日本代表のDF酒井宏樹とFW大迫勇也は以下のようにコメントをしている。

■酒井宏樹
「4-0になってチームが前掛かりになったので、SBはオフで仕掛けないといけないですし、前と後ろの意図が合ってなかった部分も4-0になってからはありました。でも4点を取れたのは素晴らしいことですし、勝ててますし、チームとして言う事はもっともっと質を高くしていくというはありますけど、特に問題は無かったと思います」

――岡崎との組み合わせは?
「今日は岡崎さんが裏を取ったのは自分のサイドから前半2回ぐらいでしたけど、岡崎さんがまん中に入ってくれて、そこを蛍が見逃さないで出してくれて、そこから裏を取れたので、そういう形は良かった。サコ(大迫)に上げたクロスが惜しかったですけど、そこで結果を残せなかったのは事実。あとは点を取られた時の対応は自分が疲れて整っていない状況なのに、チームとしてテンションが高かったので合わせて前に行ってしまったのは自分のミス。やってはいけないというか、しっかり守るべきだったと思います」

――失点の直前の対応はカットに行き切れなかった?
「20番がサイドに流れてきて結果的に2人になったので、食い付くのは難しいですけど、あそこでうまく守れれば良かったと思います」

■大迫勇也
「点を取りたかったですけど、監督の指示で相手のDFとボランチの距離を広げる様にする作業をし続けて、4点が入ってという感じだった。でもチャンスはあったし、決めていればもっと良かった。あとは4点を取ってから一人ひとりの距離感が遠すぎた感じがありました。ボールを取った後も遠かった。攻守の切り替えの時に近くで出来ればチャンスが増えていたと思います」

――なかなかボールを受けるチャンスが無かった?
「相手がまん中を固めてサイドに全然いない状況だったから、しょうがないと言えばしょうがないが、もっと中の動きの質を高めればもらえるようになると思う。そこはもっと質を上げるしかないかなと」

――後半が始まる前に本田と話をしていた?
「距離感の問題だったり、2人でいい距離感で、攻撃にしろ守備にしろ、ボールを追えたり、パス交換できればチャンスも出てくるし、ボールをうまく限定することもできるということを話し合っていました。(本田)圭佑さんの考えを言われたが、俺もそう思っていた」

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る