FOLLOW US

W杯イヤー初戦に臨むザック監督「ようやく代表戦が帰ってきた」

会見に出席したザッケローニ監督 [写真]=瀬藤尚美

 日本サッカー協会は27日、「キリンチャレンジカップ2014」のニュージーランド代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。会見には、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督も出席。昨年11月以来となる試合について、「ようやく代表戦が帰ってきたというような気持ち」とコメントし、ワールドカップ・イヤーの初戦に向けて、意気込みを語った。

 会見の冒頭では、「30年前の2月19日に初めて監督としてトップチームの指揮を執ったが、あれから30年の月日が流れたのかということを今朝考えていた。早いものだなという心境でいる」と感慨深く語ったザッケローニ監督。対戦相手のニュージーランド代表に関しては、「単純にフィジカルが強くて対戦するにはいい相手」と印象を語るとともに、試合への意欲を明かした。

「海外組は後半戦に入って、国内ではACL組はもう始まっているが、それ以外は週末から試合が始まる中で、準備を進めていく上で大切な試合になるのではないかと考えている。ようやく試合ができるなという気持ちが強く、常に代表での活動や試合への準備というものに関しては、意欲的に臨んでいきたいと思っているし、個人的にも非常に高ぶってきている時期である」

「当然、試合への準備期間は少ないものになるが、その中でも代表でのやり方を復習してもらう、思い出してもらうということは大切だと思うし、この3年間に積み上げてきたものを再確認するために時間を使っていきたいと思う」

「また、ワールドカップに向けて準備期間は短くなってきているから、そこに向けて有意義な準備期間にしていきたい。次の試合は5月の終わりになってしまうので、その意味でもこの3月を大切にしていきたい」

 試合は3月5日に、国立競技場で行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA