FOLLOW US

なでしこMF遠藤純、王者としてのアジア杯へ「自分たちのサッカーができたら絶対に勝てる」

なでしこジャパンの遠藤 [写真]=Getty Images

 AFC女子アジアカップインド2022に臨む日本女子代表(なでしこジャパン)のMF遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)が、オンラインでの取材に応じた。

 21日に迎えるグループステージの初戦ミャンマー戦に向けては「前線の選手として結果を残すこともそうですし、得点に絡む機会を増やしたいと思っています。練習でもゲーム形式が増えると思いますが、より多くの選手とコミュニケーションをとって、どう得点につなげるか考えていきたいです」と語った。

 なでしこジャパンは、同大会で現在2連覇中。王者として臨むかたちになるが「前回までは参加していませんし、メンバーも多少変わっています。自分が持っている力を最大限発揮して、チームの勝利に一歩でも近づけるように、自分自身で高めていきたいと思います、他の国も日本の分析はたくさんやっているかと思いますが、それでも自分たちのサッカーができたら絶対に勝てると思うので、練習から一つ一つを大切にやっていきたいと思います」と語っている。

 個人としてのプレー面での意識を問われた際には「どこのポジションで出てもそうですが、遠めのシュートや精度の高いクロスを練習から意識しているので、そこが試合に出たらいいのかなと思います」「前線の選手として結果を残すことにこだわっていきたいですし、そこは練習からも得点に絡むプレーを意識しているので、それが試合で発揮できた結果、その先のいろいろなことに繋がったらいいなと思います」とコメント。また、チーム全体の攻撃については「国内合宿ではゴール前のトレーニングが多く、自分はサイドを多くやっていました。FWの選手との連携や、そこにボランチや逆サイドの選手が加わる中で得点がかなり増えたので、そこが得点源になると思います」と語り、大会へ意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO