FOLLOW US

なでしこMF長谷川唯、誕生日にミランへの完全移籍が決定! 「ベレーザというチームの価値を証明できるように…」

長谷川唯がミランに加入した [写真]=@LaPresse

 日テレ・東京ヴェルディベレーザは29日、日本女子代表MF長谷川唯がイタリアのミランに完全移籍することを発表した。

 長谷川は1月29日が24歳の誕生日。2009年に日テレ・東京ヴェルディメニーナ(下部組織)で活躍し、2013年にトップチームである日テレ・東京ヴェルディベレーザに昇格した。2015年から2019年にかけてはプレナスなでしこリーグ1部の5連覇に貢献し、2017年から2020年にかけては4シーズン連続で1部ベストイレブンにも輝いた。

 また、日本代表では育成年代から活躍し、2012年と2014年にはFIFA U-17女子サッカーワールドカップに出場。2016年にはU-20女子ワールドカップ パプアニューギニアに参加し、翌2017年にA代表デビューを果たした。なでしこジャパンでは42キャップを記録しており、AFC女子アジアカップヨルダン2018優勝やEAFF E-1 サッカー選手権 2019準優勝、FIFA女子ワールドカップ フランス2019出場などを経験している。

 長谷川が加入するミランは、2018年夏から女子部門が始動した。2018-19シーズン、19-20シーズンと2季連続で3位フィニッシュを果たしており、2020-21シーズンは12試合を消化した時点で女子チャンピオンズリーグ出場圏内の2位につけている。

 発表に際し、長谷川は日テレ・東京ヴェルディベレーザのクラブ公式サイトを通じてコメント。10年以上過ごしたクラブへの感謝や新天地での意気込みを綴った。

「この度、ACミランに移籍することになりました。このクラブでは本当にたくさんの経験をさせてもらいました。中学生のときから高校生、大学生、社会人の選手と練習や試合ができたこと、そして、ベレーザという日本一素晴らしい選手たちが集まるチームを目の前で見ることができ、また、女子だけでなく、男子の様々なカテゴリーのサッカーをいつでも見ることができるこの環境は、私にとってとても大きなものでした」

「指導してもらったスタッフの方はもちろん、カテゴリーが違えど、気軽に話をしてくれるスタッフの皆さん、いつも応援してくれているフロントの皆さんに感謝しています。ありがとうございました。そして、メニーナの頃からずっと応援してくれている皆さん、ベレーザサポーターの皆さん、直接挨拶ができず、このような形での報告になってしまい申し訳ありません。勝った時も負けた時もポジティブな声かけをしてくれるベレーザサポーターの皆さんは誇りです」

「これからもメニーナからたくさんの素晴らしい選手が上がってくると思います!今までのように温かく見守ってもらえると嬉しいです!
今までありがとうございました!!ここで素晴らしい指導者の方、素晴らしい先輩、頼りになる後輩、そして、高め合える同い年、心の底から楽しいと思えるサッカーに出会えました。このクラブがなければ、今の自分はいません。小学6年生のメニーナのセレクションで126cmの小さな自分を選んでいただき、ここまで成長させてくれて本当にありがとうございました」

「12年間お世話になりました。自分の夢だったヨーロッパでのプレーを楽しむこと、ベレーザというチームの価値を証明できるように頑張ってきます!!Grazie mille!!! Ciao」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO