FOLLOW US

JFAが2023年女子W杯招致からの撤退を発表…「慎重に熟慮を重ねたうえでの決断」

JFAが2023年女子W杯招致からの撤退を発表 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は22日に臨時理事会を開催し、開催国として立候補している2023年のFIFA女子ワールドカップ(W杯)の招致活動から撤退することを決定した。

 JFAは以下のようにコメント。

「世界的な女子サッカーの普及や発展ということは当然ですが、より多くの国で大規模大会の開催が可能となる共同開催が近年の世界のトレンドになりつつあります。また、6月8日にブラジルが立候補を取り下げたことが、南米サッカー連盟の票の一本化につながったのは自明の理であり、すでにASEANサッカー連盟がオーストラリア・ニュージーランドへの支持を表明するなど、ほかの大陸連盟にも大きな影響を与えることになっています」

「こういった状況もあり、数多くのFIFA大会を開催してきた日本で女子W杯を開催することは、世界的な普及や発展という観点から賛同を得にくいのではないかという根強い意見がありました。男子とは異なり、年齢制限のないチームで女子の世界一を決める大会は、FIFA女子W杯とオリンピックの2つがあります。新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まったことも感じました」

 田嶋幸三会長はこのようにコメントを残している。「何度も議論を重ねて決断しました。多くの関係者の皆さまにはお礼とお詫びを申し上げます。我々はこれまで以上にグラスルーツに投資し、多くの女子選手がWEリーグで活躍し、W杯でもう一度優勝できるようサポートしていきます」

 10日に国際サッカー連盟(FIFA)より公表された評価報告書では、日本の提案やサッカーを取り巻く環境が高く評価されていた。開催地は25日、FIFAの理事会で決定される。最終候補にはオーストラリアとニュージーランドの共催、コロンビアが残っている。

 JFAは「今回、日本が招致から撤退することによってアジアの連帯を強固にし、アジア・オセアニア地域への招致の確率を高めることもアジアサッカーへの貢献であると考えている」としている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA