FOLLOW US

なでしこに先制点をもたらした岩渕「さらに上を目指して継続していく」

先制点を沈めた岩渕 [写真]=金田慎平

 日本女子代表は6日、国際親善試合でカナダ女子代表と対戦し、4-0で勝利した。

 先制点をもたらした岩渕真奈はまず試合を振り返り次のように語った。

「この一週間で準備してきたことがある程度出せたことが一番。でも前半ミスが多いと高倉さんにも言われたとおり、自分たちでリズムを崩していることが多少あったと思うので、今日はそれでやられなかったですけど、もう一回見直して、さらに上に上がれたらいいなと思います」

 ワールドカップ(W杯)後の再スタートとなったこの試合。同選手は「ホッとしているわけではないですが、いいリスタートというか、W杯が終わって、全員が切り替えた中で、いい練習ができていました。いいスタートが切れたとは思いますけど、ここがゴールではないので、とにかく上を目指して、これを継続していくだけかなと思います」と今後を見据えた。

 自身が6分にもたらした先制点については「結構早い時間に取れたので、本当によかったです」と喜んだ。続けて、MF長谷川唯にアシストしたシーンは「欲を言えば打ちたかったというか、結果という意味では残したかったですけど、(長谷川が)見えたので。とにかく4点取れて勝てたことが良かったことだと思います」とチーム第一の姿勢を見せている。

 W杯を終え、東京オリンピックへ向けた気持ちの変化を問われると、「特にないですけど、それでも東京五輪は選手にとって、幸せでしかないと言うか、一番好きなサッカーをやっていて、そのサッカーで自国開催の五輪に出られるのは、本当に幸せでしかないことだと思うので、その時間を有意義なものにできるように、一日一日無駄なくやりたいというだけです」と日々の努力が大切だと語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA