2018.10.11

シュート数は52本…アメリカ女子代表が1試合で驚異的なスタッツを記録

アメリカ女子代表
アメリカ女子代表のスタッツが驚異的だと話題に [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 10月4日から10月17日にかけてアメリカで行われている2018 CONCACAF女子選手権 グループAで10日、トリニダード・トバゴ女子代表とアメリカ女子代表が対戦し、7-0でアメリカが勝利した。同試合のスタッツが驚異的なものだとして、話題になっている。

 この試合、アメリカはエースFWアレックス・モーガンが9分に挙げた先制点を皮切りに、58分までに7点を奪い圧勝した。すでに大きな力の差を感じさせるスコアだが、CONCACAFの公式記録によると、なんとアメリカが試合を通して放ったシュートは52本。うち28本が枠内に飛び、7ゴールにつながっている。ボール支配率はアメリカの75パーセントに対し、トリニダード・トバゴは25パーセント。トリニダード・トバゴはボールを持つことすらままならず、1本もシュートを打つことなく試合を終えた。

 FIFAランキング1位の貫録を見せつけたアメリカ。次戦は14日、グループB(ジャマイカ女子代表、コスタリカ女子代表、カナダ女子代表)の2位チームと対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る