2018.04.18

なでしこ、アジア連覇へ王手! 岩渕&横山弾で中国破り決勝進出!

なでしこジャパンがアジアカップ連覇に王手をかけた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC女子アジアカップヨルダン2018・準決勝が17日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)と中国女子代表が対戦した。

 勝てば2大会連続の決勝進出となるなでしこジャパンは、グループステージ第3節のオーストラリア戦で先制点を挙げた阪口夢穂がベンチスタートとなった。

 試合は序盤からなでしこジャパンが主導権を握る。前線からのプレスでボールを奪い、素早い攻撃で相手ゴールに迫った。

 6分、増矢理花が左サイドからグラウンダーのクロスを送ると、宇津木瑠美が左足でシュート。これはGKの正面でキャッチされるも、なでしこジャパンのリズムで試合が進む。14分には、岩渕真奈のクロスに増矢が飛び込むも、一歩届かず。

 その後もなでしこペースで中国ゴールに迫ると、先制に成功する。岩渕がエリア外でパスを受けると、右からドリブルで切り込み左足でシュート。強烈なシュートが相手GKの手を弾きボールはゴールに突き刺さった。

 なでしこリードのまま前半を折り返すと一転、中国が猛攻を仕掛ける。後半立ち上がりから積極的にシュートを放ち、なでしこジャパンのゴールに迫った。対するなでしこは、熊谷紗希を中心にこれを跳ね返す。

 すると、85分には途中出場の横山久美がミドルシュートを叩き込み、なでしこジャパンのリードは2点に。直後の88分にはPKを獲得すると、横山が再び沈めて3点目をマーク。

 その後はPKで1点を返されるも、中国の猛攻を凌ぎ切りタイムアップ。なでしこジャパンが3-1で勝利し、決勝進出を果たした。

 準決勝もう一試合はPK戦の末、オーストラリア代表がタイ代表に勝利。グループステージ第3節に続き、再びなでしこジャパンと相対することとなった。決勝戦は20日、アジアカップ連覇を懸け、なでしこジャパンが頂上決戦に挑む。

【スコア】
なでしこジャパン 3-1 中国女子代表

【得点者】
1-0 39分 岩渕真奈(なでしこジャパン)
2-0 85分 横山久美(なでしこジャパン)
3-0 88分 横山久美(なでしこジャパン)
3-1 90分 李影(中国)

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る