FOLLOW US

なでしこジャパン大儀見、7月20日DeNA対ヤクルトの始球式に登板「全力で臨みたい」

大儀見優季が7月20日に行われるDeNA対ヤクルトの始球式に登板する [写真]=Getty Images

 17日、横浜DeNAベイスターズはペナントレース後半戦の開幕ゲームとなる7月20日(祝・月)の東京ヤクルトスワローズ戦で、神奈川県出身の大儀見優季が始球式に登板することを発表した。

 なでしこジャパンの一員でヴォルフスブルクに所属する大儀見は6月から7月にかけて行われた「FIFA女子ワールドカップ カナダ大会」で全7試合に先発。なでしこジャパンの主軸として、チームを力強くけん引した。

 DeNAは世界を舞台に戦う大儀見を後半戦開幕の始球式に迎えることで「勝利を重ねていくことを目指すチームにとって大きな原動力になると考えている」と、起用の理由を明かしている。

「始球式の話をいただき、素直に『やってみたい』という気持ちが湧いてきました。今から登板を楽しみにしています。選手の皆さん、そしてファンの皆さんの活力に少しでもなれるよう、そして皆さんに楽しんでもらえるよう、全力で臨みたいと思っていますのでよろしくお願いします」と、大儀見は登板への熱い思いを明かしている。

 試合は2015年7月20日(祝・月)18時開始となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA