FOLLOW US

優勝候補アメリカが女子W杯8強進出、イングランドはノルウェーに逆転勝利

アメリカの先制点を決めたモーガン(右) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が22日に行われた。

 グループBをドイツに次ぐ2位で通過したノルウェーと、グループFをフランスに次ぐ2位で通過したイングランドの対戦は、後半に試合が動く。54分に左CKをニアサイドのソルベイグ・グルブランドセンがヘディングで合わせると、クロスバーに当たりゴールイン。ノルウェーが先行した。

 しかしイングランドは61分、ステフ・ホートンがこちらもCKからのヘディングシュートでネットを揺らして同点とする。さらに76分にもルーシー・ブロンズがゴール右45度の位置からニアサイド上へ吸い込まれる鮮やかな右足のミドルシュートを決め、逆転に成功。これが決勝点となり、イングランドがベスト8進出を決めた。

 優勝候補の一角、グループDを首位通過したアメリカはグループFで3位のコロンビアと対戦。0-0で試合を折り返すと、後半開始早々の47分、コロンビアGKカタリーナ・ペレスが退場となり、アメリカが数的優位となる。

 反則で得たPKはアビー・ワンバックが失敗してしまうが、53分にアメリカが先制。アレックス・モーガンがペナルティエリア内右、角度のない位置からシュートをニアサイドに決めた。さらに66分にもPKを得たアメリカはカーリ・ロイドがしっかりと決めて追加点。コロンビアも意地を見せる場面もあったが、スコアは動かず2-0でアメリカが勝利した。

 イングランドは27日、開催国のカナダと対戦。アメリカは26日に中国と対戦する。また、23日には決勝トーナメント1回戦最後のカードとなる日本対オランダが行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA