2015.06.19

アメリカで女子人気上昇! W杯の視聴数が平均500万人を超える

女子W杯
アメリカで女子W杯の人気が沸騰している [写真]=Getty Images

 17日、『FOX Sports』は「カナダで行われている女子ワールドカップの視聴者数が成長を続けている」と報じた。

 優勝を期待されているアメリカ代表は、火曜日の夜にナイジェリア代表とのグループリーグ最終節を戦い、1-0で勝利を収めることに成功した。

 この試合では1999年決勝、2011年決勝に続いて大会史上3番目となる52193人という観客数を集めるなど大きな注目を受けたが、テレビの視聴者数もかなりの数字を記録した。

 オーストラリアとの開幕戦は平均330万人、スウェーデンとの第2節は平均450万人であったところが、ナイジェリア戦では平均500万人、最大で630万人に届いたという。

 これは昨年行われたMLBワールドシリーズの第6戦以来、火曜日のプライムタイムでは最多の視聴者数であったとのことだ。

 2011年のドイツ大会におけるグループリーグ最終節では、視聴者数は130万人だったとのことで、実に3倍以上の注目を集めたことになる。

(記事提供:Qoly)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る