2015.06.09

代表通算150試合出場の宮間、節目のゴールに安堵「入ってよかった」

宮間あや
スイス戦に出場した宮間あや(右)[写真]=Getty Images

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第1節が8日に行なわれ、グループCでなでしこジャパンとスイス女子代表が対戦した。

 なでしこは27分、FW大儀見優季の浮き球のパスでエリア内に抜けだした安藤梢が、飛び出したGKゲル・テルマンの頭上を越すループシュートを放つと、そのままGKと交錯。PKを獲得すると、宮間あやがこれを落ち着いて枠の左隅に決めて、先制に成功する。終盤はスイスの猛攻に耐える苦しい展開となったが、1点を守り切ったなでしこが初戦を白星で飾った。

 代表通算150試合目となったキャプテンの宮間は「内容的には課題がありますが、チームとして勝ち点3をとれてよかったです」と、まずは初戦を勝ち取ったことに安堵の表情を見せた。PKの場面については、「(安藤が)身体を張ったプレーだったので、決めなければいけないと思いました。入ってよかったです」とコメント。「最後はよく守れていましたけど課題はある。ミスもあるので、チームとしてもっともっと徹底して自分たちが思ったような試合をできるようにしたい」と、第2節のカメルーン女子代表戦に向けて意気込みを示した。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る