2014.09.29

なでしこ、連覇懸かったアジア大会決勝は韓国に劇弾で勝利の北朝鮮と

 第17回アジア競技大会女子サッカーの準決勝が29日に行われ、韓国女子代表と北朝鮮女子代表が対戦した。

 試合は前半12分に韓国が先制するも、36分に北朝鮮が同点として折り返す。後半、立ち上がりは北朝鮮ペースで進む。韓国も55分、セットプレーからチャンスを得たが、FKに合わせたヘディングシュートはGKが好守で防ぐ。

 試合は北朝鮮がボールの支配率を高め、韓国が縦に速い攻撃で勝ち越し点を狙う展開で進む。89分には韓国のチョ・ソヒョンのミドルシュートがクロスバーを直撃する。このまま延長突入かと思われたアディショナルタイムの93分、ハイボールが韓国DFラインの裏に出ると、GKへのバックパスがショート。ゴール前で混戦となると、最後はホ・ウンビョルが押し込み、ラストワンプレーで決勝点が生まれ、北朝鮮が2-1で勝利した。

 この結果、10月1日に行われる決勝戦でなでしこジャパンは、3大会連続で北朝鮮と対戦することになった。敗れた韓国は、同日開催の3位決定戦でベトナム女子代表と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る