FOLLOW US

2アシストの主将MF宮間、勝利貢献も「まだ何も決まっていない」

中国戦でタックルを仕掛ける宮間 [写真]=Getty Images

 AFC女子アジアカップ ベトナム2014の準決勝が22日に行われ、なでしこジャパンと中国女子代表が対戦。1点ずつを奪い合い、延長に突入した戦いは、ラストプレーとなった120分、宮間あやのCKから岩清水梓が決勝点を挙げ、2-1でなでしこが勝利。アジア杯で5大会ぶりの決勝進出を決めた。

 試合後、フル出場し、CKから澤穂希の先制点と岩清水の決勝点を演出した主将のMF宮間は、以下のようにコメントしている。

「危なかったですけど、良かったです」

――120分の勝負となったが?
「交代で入った選手も頑張っていましたし、セットプレーも練習していたところだったので、良かったです」

――先制し、追いつかれるという展開だったが?
「120分になったときには、120分で決着をつけるつもりでいたので、セットプレーがチャンスだというのは、わかっていたので、落ち着いていました」

――決勝まで来られたここまでの戦いは?

「今日のような試合をすると、チームとして大きくなるチャンスだと思っています。ただ、今日勝ったからといって何も決まっていないので。アジアカップを取りに来たので。次にいい準備をして勝ちたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA