FOLLOW US

5位躍進の奈良、J3最優秀監督賞受賞のフリアン監督と契約更新「私たちのサッカーで感謝の気持ちを表したい」

2023.12.11

奈良クラブは11日、フリアン・マリン・バサロ監督との契約更新を発表 [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 奈良クラブは11日、フリアン・マリン・バサロ監督との契約更新を発表した。

 1989年6月13日生まれのフリアン氏は現在34歳。スペイン北東部カタルーニャ州出身で、同地方に本拠を構えるサンクガットやサバデルで指導者キャリアを積むと、2017年4月から指揮したU-21タイ代表を経て、2021年に奈良クラブの監督に就任。2年目にクラブ史上初のJFL優勝および明治安田生命J3リーグ昇格を達成すると、迎えた3年目の今シーズンは、一時は首位に立つなどの躍進を遂げる。最終的には15勝12分11敗の5位フィニッシュ。また、下馬評を覆した手腕が評価され、J3リーグ最優秀監督賞を受賞している。

 Jリーグ史上最年少監督であり、初の平成生まれ監督でもあるフリアン氏。奈良クラブとの契約を更新した青年指揮官は、クラブ公式サイトでコメントを残している。

「ファン・サポーターの皆さんや奈良の街から日頃受けている愛情は計り知れません。もう1年、私たちのサッカーをすることで感謝の気持ちを表したいと思います。奈良クラブを日本のサッカー界で魅力的なスタイルでありつつ、勝者のクラブにするために、これからも一緒に頑張ってくれるスタッフ全員に感謝したいです。また、奈良クラブを、私たちが定めた目標を達成するために、年々多くの資源を持つチームにしてくれる濵田社長にも感謝し、敬意を表したいです。2024年シーズンは私にとって奈良での4年目のシーズンとなり、常に成長し、非常にハングリーで、サッカーの世界で重要なことを成し遂げたいと思っている選手たちとともに過ごすことになります。この選手たちをしっかりと大切にしましょう。彼らは奈良クラブの歴史を刻み、すでに多くのことを成し遂げていますが、まだまだ私たちに多くの喜びを与えてくれることでしょう。バモス2024! Pasión(パッション、情熱)」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO