FOLLOW US

川崎F、鬼木達監督との契約更新を発表…来季は就任8年目の指揮へ

2023.11.29

契約更新が発表された鬼木監督 [写真]=金田慎平

 川崎フロンターレは29日、チームを指揮している鬼木達監督と来季の契約について合意したことを発表した。

 鬼木監督は1974年生まれの現在49歳。市立船橋高校出身で、選手時代はJリーグ創設時より鹿島アントラーズでプレーした。1993年から1997年まで所属し、1998年にはJFL(当時)の川崎Fへ期限付き移籍で加入。1999年は鹿島に復帰してプレーし、2000年に川崎Fへ完全移籍で加入した。川崎Fでは2006年までプレー。現役引退後は同クラブで育成・普及コーチに転身した後、2009年からはトップチームのコーチを務め、2017年から指揮官に就任した。

 1年目のシーズンにJ1初優勝を成し遂げ、クラブに初タイトルをもたらすと、2年目はJ1連覇を達成。3年目は連覇を逃したものの、2019JリーグYBCルヴァンカップ初優勝へと導いた。4年目は再びJ1を制覇し、天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会でもクラブ初優勝を飾ると、5年目は2度目のJ1連覇を果たした。3連覇を目指した昨季は2位に終わっていた。

 就任7年目となった今シーズンはケガ人が続出した影響もあり、明治安田生命J1リーグでは第33節終了時点で13勝8分け12敗で9位と就任後最低の成績を記録。それでも、天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会では決勝進出を果たしているほか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では最終節を残してグループステージ首位通過を決めたこともあり、来季続投が決定した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO