FOLLOW US

町田と東京Vはドロー…磐田が7戦無敗、清水は乾貴士の3戦連続弾で大分を下す/J2第25節

2023.07.09

今季2度目の“東京クラシック”は『国立競技場』で開催された [写真]=兼子愼一郎

 明治安田生命J2リーグ第25節が9日に各地で開催された。

 現在首位を走るFC町田ゼルビアは、2位につけている東京ヴェルディと対戦。J2史上初となる『国立競技場』で開催された“東京クラシック”は、キックオフからおよそ1分10秒が経った頃、エリキの放ったシュートのこぼれ球を藤尾翔太が押し込み、町田が先制する。38分には敵陣でのボール奪取から、前を向いたエリキが横へ繋ぎ、最後は安井拓也が仕上げた。東京Vは2点を追いかける展開となったが、後半に入ると約半年ぶりにクラブへ戻ってきたアタッカーが躍動。73分に右サイドから宮原和也が放ったクロスボールをペナルティエリア内でGKの前に入った染野唯月が頭で押し込むと、83分にも左サイドを突破した新井悠太のクロスボールから染野がヘディングシュートを沈める。試合はこのまま2-2のドローで終了。両者の勝ち点差は「10」のままとなった。

 3位の大分トリニータがホームに7位の清水エスパルスを迎えた一戦では、10分に大分GK西川幸之介のパスを狙っていた乾貴士がゴールを決め、J2で2戦連続となる得点を挙げる。後半に入ると50分、大分は左サイドでボールを持った藤本一輝のクロスボールにニアサイドで伊佐耕平が潰れると、最後は松尾勇佑が押し込んで試合を振り出しに戻した。清水にとって追い付いかれる展開となったものの、63分には乾が強烈なミドルシュートでこの日2点目。試合はこのまま終了し、清水が3連勝を飾った。乾は3試合連続ゴールを記録している。

 J2では直近6戦を4勝2分と無敗で駆け抜けているジュビロ磐田は、敵地でモンテディオ山形と激突。磐田は28分にドゥドゥのゴールで先手を取ると、55分にはコーナーキックからジャーメイン良が追加点。直後の61分には山形の横山塁に1点を返されたものの、82分には松原后のゴールでリードを広げた。磐田が3-1で勝利し、7戦無敗をキープしている。

 5位のV・ファーレン長崎と17位のレノファ山口FCがぶつかった試合では、15分に山口の河野孝汰が挙げたゴールが決勝点。河野は前貴之のシュートをペナルティエリア内で収めると、前を向いて右足フィニッシュを沈めた。これで山口は直近5戦の成績が3勝2分に。フアン・エスナイデル新監督に率いられたチームは、5試合連続クリーンシートを達成した。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは下記の通り。

■第25節

▼7月9日(日)
ブラウブリッツ秋田 1-1 ロアッソ熊本
いわきFC 4-3 水戸ホーリーホック
栃木SC 2-2 ベガルタ仙台
FC町田ゼルビア 2-2 東京ヴェルディ
藤枝MYFC 1-4 ヴァンフォーレ甲府
V・ファーレン長崎 0-1 レノファ山口FC
モンテディオ山形 1-3 ジュビロ磐田
ザスパクサツ群馬 2-0 大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド千葉 1-0 ツエーゲン金沢
徳島ヴォルティス 1-1 ファジアーノ岡山
大分トリニータ 1-2 清水エスパルス

■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 町田(54/+25)
2位 東京V(44/+16)
3位 磐田(44/+15)
4位 甲府(43/+14)
5位 大分(42/-1)
6位 清水(41/+27)
7位 長崎(41/+12)
8位 群馬(36/+1)
9位 藤枝(35/-5)
10位 岡山(34/+6)
11位 熊本(32/+7)
12位 山形(32/+3)
13位 仙台(32/-3)
14位 秋田(32/-7)
15位 千葉(31/-8)
16位 山口(30/-17)
17位 徳島(27/-10)
18位 水戸(27/-15)
19位 いわき(27/-17)
20位 栃木(26/-5)
21位 金沢(24/-15)
22位 大宮(17/-23)

■第26節の対戦カード

▼7月15日(土)
18:00 東京V vs 徳島
19:00 山口 vs いわき

▼7月16日(日)
18:00 秋田 vs 町田
18:00 水戸 vs 山形
18:00 甲府 vs 群馬
18:00 清水 vs 千葉
18:00 岡山 vs 長崎
19:00 大宮 vs 栃木
19:00 金沢 vs 仙台
19:00 磐田 vs 藤枝
19:00 熊本 vs 大分

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO