FOLLOW US

首位・横浜FMが5連勝! エウベル弾を守り切って広島との上位対決制す

2023.06.24

広島と横浜FMが対戦した [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第18節が24日に行われ、サンフレッチェ広島横浜F・マリノスが対戦した。

 失速気味の5位広島が、暫定首位でシーズンを折り返した横浜FMを『エディオンスタジアム広島』に迎えての一戦。試合は序盤からアウェイの横浜FMが押し込む展開に。8分、ペナルティエリア右で浮き球のルーズボールに反応した西村拓真がダイレクトボレーでゴールを狙うが、惜しくもクロスバーに阻まれる。


 試合の均衡が破れたのは40分、横浜FMが先制に成功する。エウベルが左サイドでこぼれ球を回収し、一気に加速。さらに中央へと切れ込んでいき、最後はペナルティエリア中央から右足でゴール左下隅へと流し込んだ。試合は横浜FMの1点リードで折り返す。

 ハーフタイムで2枚替えを敢行した広島は、後半から反撃開始。70分にはエゼキエウが放ったシュートのこぼれ球に川村拓夢が反応するが、ペナルティエリア中央から左足で放ったボレーシュートはミートせずに枠を外れる。73分にはセットプレーの2次攻撃から再び川村に絶好機が到来。ドウグラス・ヴィエイラが放ったシュートが相手GKに当たると、こぼれ球が川村の足元へ。しかし、ファーストタッチでボールを制御することができず、ボールは惜しくも枠の横に流れる。

 対する横浜FMは75分、水沼宏太のグラウンダークロスに植中朝日が合わせてゴールネットを揺らしたものの、植中がわずかにオフサイドラインを越えていたため得点は認められない。76分には左サイドを突破した宮市亮の折り返しに植中が合わせたものの、相手GK大迫敬介のファインセーブに阻まれた。

 追加点を奪うべく畳み掛ける横浜FM。79分、松原健がロングパスを前方へと送り、収めた西村がペナルティエリア手前で右足を振り抜く。しかし、ゴール左下を狙ったシュートはわずかに枠を外れる。さらに80分、小池裕太のスルーパスから抜け出した植中がループシュートを試みたが、惜しくもクロスバーに嫌われた。

 広島は反撃及ばず、試合はこのまま終了。広島は2連敗、横浜FMは5連勝となった。次節は、広島は7月1日に敵地でアルビレックス新潟、横浜FMは同2日にホームで湘南ベルマーレと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-1 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 40分 エウベル(横浜FM)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO