FOLLOW US

J2最下位の徳島、成績不振を受けて声明を発表…第10節終了時点で唯一の未勝利チームに

2023.04.18

徳島ヴォルティスは18日、成績不振を受けて声明を掲載

 徳島ヴォルティスは18日、明治安田生命J2リーグでの低迷を受けて、クラブ公式サイトにて声明を掲載した。

 徳島ヴォルティスは今季、3年ぶりのJ1リーグ復帰に向けて、レアル・ソシエダを率いるイマノル・アルグアシル監督の下で分析コーチの責任者を務めていたベニャート・ラバイン新監督を招へい。加えて、名古屋グランパスからFW柿谷曜一朗らが復帰。またレアル・ソシエダとの育成業務提携を締結するなど、クラブを挙げて改革に乗り出していた。

 しかしJ2リーグ開幕節の大分トリニータ戦で敗戦を喫すると、第10節が終了した時点で5分5敗の最下位に低迷。いまだに唯一、同リーグで白星を挙げることができておらず、J1昇格よりもJ3降格の可能性が現実味を増している状況だ。そして18日、徳島ヴォルティスの岸田一宏代表取締役社長はクラブ公式サイトを通じて、「徳島ヴォルティスを応援してくださる皆さまへ」と題した声明を発表した。

「いつも徳島ヴォルティスへのアツい応援をいただきありがとうございます。2023シーズンJ2リーグ第10節の終了時点で0勝5分5敗の22位というここまでの結果を重く受け止めております。皆さまには多大なるご心配や悔しい思いをおかけしておりますこと、心より深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。ここまで自分達が目指すサッカースタイルをブラッシュアップし、勝利へ向かって戦ってきておりますが、思うような結果を出せていないのが現状です。しかし、掲げております『J1復帰』の目標につきましては、可能性のある限り決して諦めることなく、追い求めていきます」

「『残りまだ32試合もある』ではなく、『早くも10試合が終わり、残り32試合しかない』という思いで、危機感を持っています。何を変えなくてはならないのか、何を変えてはならないのか、とても繊細な部分ではありますが、早急にさらなる改善を図り、皆さまに勝利をお届けできるよう邁進してまいります。そして、勝利を掴み取るためには皆さまの変わらぬご支援、ご声援が必要です。皆さまのお力添えなくして目標へ進むことはできません。ご期待にお応えすべく、早期にさらなる成長を遂げられるよう努めてまいります」

「トップチームも必死になって課題の改善に注力してくれております。弊クラブを信じて、一緒に戦ってくださいますようお願い申し上げます。引き続き、徳島ヴォルティスへの応援をよろしくお願い申し上げます」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO