FOLLOW US

川崎FとC大阪の一戦は引き分け…川崎Fは3戦未勝利、C大阪も連勝ならず

川崎FとC大阪が対戦した [写真]=金田慎平

 2023シーズンの明治安田生命J1リーグ第5節が18日に開催され、川崎フロンターレセレッソ大阪が対戦した。

 開幕から共に1勝1分2敗とスタートで躓いた両チーム。川崎Fは湘南ベルマーレ、アルビレックス新潟と対戦したここ2戦で1分1敗と勝利無し。今節は3試合ぶりかつホームでの初勝利を目指す。C大阪は開幕から3試合勝利が無かったものの、前節のサガン鳥栖戦で今季初勝利。川崎Fを撃破し、連勝はなるか。

 2分、川崎FはGKチョン・ソンリョンのロングフィードを基点に、マルシーニョが仕掛ける。最後はスイッチしたチャナティップが相手ゴールを強襲する。13分にも、マルシーニョが左足でクロスを供給。そのこぼれ球を家長昭博が左足でゴールの隅を撃ち抜きにいくも、わずかに枠を外れた。C大阪のチャンスは18分。DFマテイ・ヨニッチが左サイドに展開し、山中亮輔へ。山中が左足で正確なクロスを入れると、最後は加藤陸次樹がフリーでヘディングシュートを放つが、枠の上に逸れた。

 38分にも左サイドの山中のクロスを基点に、最後は右から毎熊晟矢が飛び込んでくるなど、ゴールに迫る。45分には再び川崎F。長い距離を家長がドリブルで持ち運び、最後は自らシュートを放った。しかし、両チームともに得点はなく0-0で折り返す。

 48分、川崎Fは敵陣で相手のボールを引っ掛け、ショートカウンター。最後は山田新がシュートを放つ。54分にはC大阪にチャンスが。左サイドから攻撃を展開し、あがったクロスを受けた毎熊晟矢が右足でシュートを打つも、相手DF登里享平が気迫のブロックを見せる。

 73分にはC大阪にビッグチャンス。裏のスペースに抜け出した毎熊がGKと1対1に。しかし、これをGKチョン・ソンリョンが止め、こぼれ球を途中出場の上門知樹も押し込みにいくが、枠の右に外れた。

 76分、川崎Fは攻撃の切り札として小林悠と宮代大聖を投入。なお、この試合で小林はJ1リーグ通算350試合出場となった。その小林は86分に右からのクロスを頭で合わせるなど、早速チャンスに絡む。90分には同じく途中から出た宮代がフリーキックを頭で合わせたが、ゴールは割れず。

 試合はこのまま終了。両者引き分けで勝ち点「1」の獲得にとどまった。川崎Fは3試合未勝利となり、C大阪も連勝はならなかった。次節、川崎Fは4月1日にアウェーで北海道コンサドーレ札幌と、C大阪も4月1日にホームで横浜F・マリノスと対戦する。

【試合結果】
川崎フロンターレ 0-0 セレッソ大阪

【得点者】
無し

【スターティングメンバー】
(川崎F)
チョン・ソンリョン(GK);山根視来、大南拓磨、田邉秀斗、登里享平;ジョアン・シミッチ、チャナティップ(76分→小林悠)、橘田健人;家長昭博、山田新(76分→宮代大聖、マルシーニョ(86分→瀬川祐輔)

(C大阪)
キム・ジンヒョン(GK);松田陸(90+1分→進藤亮佑)、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、山中亮輔;鈴木徳真、奥埜博亮、香川真司(70分→上門知樹);毎熊晟矢、加藤陸次樹(70分→レオ・セアラ)、為田大貴(83分→カピシャーバ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO