FOLLOW US

横浜FM初公式戦は「2日前に」告げられた自身初の右SB起用 上島拓巳「役割を全うできた」

2023.02.11

『FUJIFILM SUPER CUP2023』が11日に行われ、J1リーグ王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴァンフォーレ甲府が対戦。2-1で横浜FMがクラブ初となる同タイトルを獲得した。

 今オフに柏レイソルから完全移籍で横浜FMに加入した上島拓巳は右サイドバックとしてフル出場し、横浜FMのユニフォームを着ての初戦を飾ったが、「前半は攻撃でも守備でもリズムを作れずに難しい部分がありましたが、後半になって修正でき、結果も出せたので、そこはひとまず役割を全うできたかなと思います」と振り返り、慣れないポジションでのプレーを振り返った。


 上島はセンターバックとしてキャンプでプレー。しかし、右SBに負傷者が続いたこともあって、「キャンプではまったくやっていなく、2日前に」告げられたポジションで奮闘した。SB経験は「大学の時に1、2試合」程度という上島にとって、特徴的なタスクを求められる横浜FMのSBでのプレーが初陣となる状況になったが、「自分自身も初めてのチャレンジでしたが、監督が自分に求めていることは守備の安定化。自分にできる、求められていることを整理してピッチに立ちました。いざ試合になるとイメージしていたものと違うものが出てきて、パスミス、トラップミス、判断ミスが多く、守備でも少し戸惑いがありましたが、後半になってからは自分の良さをうまく出せていたので、良い部分と悪い部分が出たかなと思います」と、試合中に少しずつ適応できるようになっていったと話した。

 一方で、もちろんチームから求められたことも整理されていたようで、「3CBの右のようなイメージでやってほしいと言われていました。どちらかというとリスク管理や相手左サイドに蓋をする役割を求められました」「中に入る役割を今日はしなくていいと言われていましたし、ウイングがボールを持った時に裏へ抜けたりすることは、前線やボランチに任せればいいということで、今日は水沼選手のサポートを意識してプレーしました」と、上島がプレーしやすいようなタスク管理があり、「ミスしてもポジティブな声をかけてもらえましたし、たくさんミスはありましたが、ボランチやCBのおかげで最小限に抑えられたと思います」とチームメイトに感謝を述べた。

 横浜FMでの初陣はチーム事情もあって右SBとなったが、上島自身は「始動してからここまで、CBとして自分の中ではすごくいいパフォーマンスを出していると思いますし、それが今回の起用に繋がったと思っています。もちろんCBでポジションを取るというところは変わらない」と、中央でのポジション争いへ意欲を示しつつ、チームに3CBというオプションをもたらす存在になるのではと問いかけると、「こういうアクシデントは起こり得るものだと思います。僕がバランスを取ることで左サイドがより高い位置を取れたりだとか、守備の強度を高めたり、セットプレーのところで強さを出すところは、他の選手にはないものですし、これからそういうオプションの一つとして、監督に僕がそういうものを与えられれば、自分がチームに貢献できる要素が増えると思っています」と、プレーの幅を広げる意欲も示している。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO