FOLLOW US

鹿島、2016年に加入したDFブエノの契約満了を発表「離れてもファミリーの一員」

2022.12.21

鹿島がブエノの退団を発表 [写真]=兼子愼一郎

 鹿島アントラーズは21日、DFブエノが2022シーズン限りで契約満了となり、クラブを退団することを発表した。

 ブエノは1995年8月24日生まれの現在27歳。ブラジル出身だが、高校時代に来日し、千葉国際高校でプレーした。高校卒業後の2014年8月に清水エスパルスに入団。ヴィッセル神戸への期限付き移籍を経て、2016年に鹿島へ完全移籍加入した。2018年には徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。翌シーズン鹿島に戻ると、明治安田生命J1リーグで自己最多の17試合に出場して1ゴールを挙げた。2020年6月から2021年7月まではアトレチコ・ミネイロ(ブラジル1部)へ期限付き移籍。2021シーズン途中から鹿島に復帰していた。2022シーズンの明治安田生命J1リーグでは7試合に出場。同シーズンの公式戦通算では13試合に出場して1ゴールを挙げていた。

 契約満了に際し、ブエノは鹿島のクラブ公式HPを通してコメントを発表。クラブにかかわるすべての人々へ感謝の思いを記した。

「選手、スタッフ、フロント、また、どんな状況下でも応援し続けてくださったサポーターの方々に、この場を借りて感謝の言葉を伝えたいと思います。このクラブで過ごした年月は幸せな時間であり、自分が離れたとしてもファミリーの一員であることに変わりはないので、常に応援し続けます。ありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO