FOLLOW US

湘南、4選手との契約更新を発表…山田直輝、タリク、立川小太郎、ミケル・アグ

 湘南ベルマーレは4日、MF山田直輝、FWタリク、GK立川小太郎、MFミケル・アグと2023シーズンの契約を更新したことを発表した。

 山田は1990年生まれの32歳。浦和レッズジュニアユース、ユースの出身で、2008年に2種登録選手としてトップチームに名を連ね、翌2009年に正式昇格した。2015年から2017年、2019年7月から同12月まで湘南へと期限付き移籍し、2020年に完全移籍となった。今シーズンは明治安田生命J1リーグで21試合に出場した。

 タリクは1988年生まれの34歳。元ノルウェー代表で、ノルウェーやオランダ、ドイツなどでのプレーを経て、2020年にスウェーデンのAIKソルナから湘南に加入した。今シーズンはJ1リーグで31試合に出場し、1得点を記録した。

 立川は1997年生まれの25歳。大阪体育大学から2019年にAC長野パルセイロに加入し、2021年から湘南でプレーしている。今シーズンはJ1リーグでの出場機会はなかった。

 ミケル・アグは1993年生まれの29歳。元ナイジェリア代表で、ポルトガルやベルギーなどでのプレーを経て、今年9月にスペインのフエンラルラダから湘南に加入した。しかし、負傷の影響でリーグ戦での出場機会はなかった。

 契約を更新した4選手は湘南のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

山田直輝
「2023シーズンも湘南ベルマーレで戦わせていただくことになりました。湘南からJリーグにビッグウェーブを起こせるように全力で戦います!大切なのはいつも“今”」

タリク
湘南ベルマーレで来シーズンもプレーできることになり非常に嬉しく思います。湘南ベルマーレで働けること、戦えることを楽しみにしています。並びに皆さんと喜びと成功を一緒に分かち合いましょう。いつも素晴らしい応援をありがとうございます。そして引き続きたくさんの声援をよろしくお願いします。またすぐに会いましょう!」

立川小太郎
「一年間、熱い応援ありがとうございました。来シーズンも湘南のために戦える喜びと感謝を忘れずにひたむきに頑張ります。来シーズンこそ試合に出てサポーターの皆さんと勝利の喜びを味わえるように1日1日を大切にしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

■ミケル・アグ
「2022シーズンはケガのためにチームに貢献することができなかったにもかかわらず、ベルマーレサポーターからの多大な応援に感謝しています。来シーズン、ベルマーレと共に歴史を作るため全力を尽くします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO