FOLLOW US

名古屋、ロアッソ熊本に期限付き移籍中のMFターレスが復帰「私を信じてくださり…」

名古屋グランパスは27日、期限付き移籍中のMFターレスの復帰を発表 [写真]=金田慎平

 名古屋グランパスは27日、ロアッソ熊本に期限付き移籍中のMFターレスが復帰することを発表した。

 2001年6月29日生まれのターレスは現在21歳。“母国”ブラジルのパラナ・サッカー・テクニカル・センター(PSTC)から秀岳館高校に進学し、2021年にロアッソ熊本へと入団した。2022シーズンに名古屋グランパスに加入および同シーズンのロアッソ熊本への期限移籍が発表。今シーズンは度重なる負傷の影響もあり、公式戦15試合の出場にとどまっている。
 

 まずターレスロアッソ熊本退団に際し、クラブ公式サイトで感謝の思いを残している。

「今シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を離れることとなりました。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手を叶えてくれたチームに別れをつげることはとても心苦しいです。自分を歓迎してくれたサポーターのみなさん、加入してからいろんなことを教えてくれた監督・スタッフ・チームメイト、すべての皆さんに感謝しています。楽しいことも苦しいこともありましたが、忘れることはありません。本当は、皆さん一人一人に感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。私はこれからもロアッソ熊本のことを応援しています。皆さん、来シーズンもロアッソ熊本を応援してください。ロアッソ熊本が本当に大好きです。2年間、お世話になりました」

 またターレス名古屋グランパス加入に際し、クラブ公式サイトでファミリーに向けて意気込みを残している。

名古屋グランパスの皆さん、私を信じてくださり、2023シーズン共にプレーできることを本当に感謝しています。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブの一員になるという夢を叶えることができて、とても嬉しく思っています。ロアッソ熊本での2年間と同じように、プロとして日々精進していきたいと思います。また更にレベルアップして、ピッチで結果を残せるように、全力で頑張ります。ピッチに立ち、ゴールを決め、名古屋グランパスのサポーターの皆さんに『ターレスダンス』をご紹介できることを楽しみにしています。一緒に名古屋グランパスを盛り上げましょう!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO