FOLLOW US

町田、元鳥栖指揮官・金明輝氏がHC就任…10月には青森山田高校の黒田剛監督を招へいするなど積極改革

町田が、金氏の来季ヘッドコーチ就任を発表 [写真]=兼子愼一郎

 FC町田ゼルビアは14日、金明輝氏が2023シーズンよりトップチームのヘッドコーチに就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 現在41歳の金氏は、現役時代にジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)やカターレ富山、サガン鳥栖などでプレー。現役引退後には指導者の道に進み、古巣である鳥栖のユースチームで監督を歴任。2018年10月には、当時のマッシモ・フィッカデンティ監督が辞任したことを受け、後任としてトップチーム監督に就任。チームをJ1残留に導いた。トップチームコーチとしてスタートした翌2019シーズンも5月以降は監督を任され、2021年12月に退任するまで鳥栖を率い続けた。しかし、同月30日には、Jリーグが「金氏による選手・スタッフに対するハラスメントがあった」という調査結果を報告。鳥栖U-18を指揮していた2016年から2018年にかけて、同チームおよびトップチームの選手・スタッフに対して暴力行為や暴言を繰り返していたことで、公式試合への出場資格停止と譴責処分を受けていた。さらに、2021年6月にはトレーニング中に選手に対して足払いをして倒すなどの問題行為も発覚し、S級コーチングライセンスからA級ジェネラルコーチングライセンスへの降級処分が下った。

 町田のクラブ公式サイトには、以下のように金氏のコメントが掲載されている。

「この度、ヘッドコーチとして加入する事になりました金明輝です」

「『サッカーどころ町田』に、まさに当てはまる最高のサポーター。そしてFC町田ゼルビアという素晴らしいクラブで、共にJ1昇格に向けて戦えることを心から嬉しく思います」

「チームが掲げるJ1昇格という目標を勝ち得るため監督・選手・スタッフと共に戦っていきます。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様、よろしくお願いいたします」

 また、町田は10月24日に黒田剛氏の監督就任を発表。長年青森山田高校の監督を務めてきた同氏の監督起用は、多くの注目を集めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO