FOLLOW US

愛媛、石丸監督の続投を発表「この地域を盛り上げていきます」…今季はJ2復帰ならず

愛媛が石丸清隆監督の来季続投を発表

 愛媛FCは12日、同クラブを率いる石丸清隆監督が2023シーズンもトップチームの指揮を執ることを発表した。

 現在49歳の石丸監督は、現役時代にアビスパ福岡や京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)でプレー。2005シーズン途中からは愛媛でプレーし、2006シーズン終了後にスパイクを脱いでいた。現役引退後は指導者に転身。愛媛入りしてトップチームのコーチ、ユースの監督を務めた後、2013シーズンからはトップチームの指揮官に就任した。2シーズンに渡って監督を務めた後、京都でもヘッドコーチを経て監督に就任。2016シーズンは明治安田生命J2リーグを5位で終え、クラブをJ1昇格プレーオフに導いたものの、セレッソ大阪との試合は1-1のドローで終了。レギュレーションにより、準決勝敗退となっていた。

 2017シーズンからは松本山雅FCでコーチを務め、2020シーズンよりモンテディオ山形の指揮官に就任した。初年度は明治安田生命J2リーグを7位で終えており、翌シーズンの途中で解任が決定。2022シーズンより愛媛の指揮官を務めていた。

 体制初年度の今季は1年でのJ2復帰を目標としていたものの、シーズン中頃では成績が安定せず、既に昇格の可能性が消滅。明治安田生命J3リーグ第33節終了時点では勝ち点「49」を獲得し、8位につけている。残すは最終節のみとなっており、20日に敵地で福島ユナイテッドと対戦予定だ。

 来季も愛媛の指揮を執ることが決まった石丸監督は、クラブ公式HPを通してコメントを発表している。

「2023シーズンも愛媛FCで監督として指揮を執ることとなりました。今シーズンはJ2リーグへの復帰を果たせず、個人としてもチームとしても大変悔しい思いを味わいました。サポーターの皆さまも落胆していることと思います。まずは愛媛FCに関わる皆さまの熱量、そしてサポーターの期待感を再燃させ、それらを与えられるチーム・基盤を作ることから再スタートし、いちフットボーラーとして、そしてフットボールクラブとして、この愛媛という地域を盛り上げていきます」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO