FOLLOW US

川崎Fの“10番”…大島僚太が今季3度目の負傷、シーズン最終盤に復帰の可能性も

川崎Fの大島が今季3度目の離脱に [写真]=金田慎平

 川崎フロンターレは19日、同クラブに所属しているMF大島僚太の負傷状況を発表した。

 クラブの発表によると、大島は川崎Fのトレーニング中に負傷したという。「右ヒラメ筋肉離れ」と診断され、全治までは受傷日の9月6日からおよそ6週間を要する見込みだ。回復の度合いにもよるが、10月29日に予定されている明治安田生命J1リーグ第33節のヴィッセル神戸戦、および11月5日開催予定の第34節(最終節)FC東京戦の前にはピッチに戻って来られる可能性がある。

 クラブの“10番”を背負う現在29歳の大島は、直近の数シーズンは度重なる負傷の影響で何度も離脱を強いられている。今シーズンは2月18日に行われた開幕戦のFC東京戦(○1-0)でフル出場を果たすと、続く同23日に開催された第9節前倒し分の横浜F・マリノス戦(●2-4)では後半途中からピッチに立った。その後は4試合連続でメンバー外となり、3月19日に開催された第5節サンフレッチェ広島戦(○2-0)で久しぶりに出場。しかし、同30日のトレーニング中に負傷し、「足関節靭帯損傷および右近位脛腓靭帯損」と診断され、離脱を強いられた。

 6月18日に行われた第17節北海道コンサドーレ札幌戦(○5-2)で復帰を果たすと、その後は3試合連続でフル出場。しかし、7月19日には右ハムストリング肉離れと診断され、1か月以上戦線を離れることとなった。8月27日に行われた第27節鹿島アントラーズ戦(○2-1)で途中出場を果たし、再びピッチに戻ると、続く第20節延期分のサガン鳥栖戦(○4-0)では今季初ゴールを記録。しかし、続く9月3日開催の第28節湘南ベルマーレ戦(●1-2)を最後に公式戦でその姿を見られていなかった。今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合の出場で1ゴールとなっている。

 今シーズン、川崎Fは明治安田生命J1リーグで29試合を消化。勝ち点「54」を積み上げ、現在2位につけている。首位を走る横浜FMとは消化試合数で並び、勝ち点差は「5」だ。残り5試合での逆転優勝を目指している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO