FOLLOW US

川崎、トップチーム関係者2名が新型コロナ感染…3日C大阪戦は条件を満たした選手らで出場

川崎フロンターレ

 川崎フロンターレは2日、トップチーム関係者2名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。

 7月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節浦和レッズ戦では、トップチーム内で新型コロナウイルス陽性者が続出し、ベンチメンバー5名のみ、うち3選手がGKという異例の事態となっていた。

 今回の発表によると、当該者Kは8月1日の朝、Jリーグ新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づき実施した、Jリーグ定期検査(抗原検査)で陽性判定。無症状であったものの、チームドクターが陽性と判断したという。

 当該者Lは8月1日の朝、喉に違和感があったため、抗原検査を実施したという。同検査では陰性判定だったが、自宅にて自主隔離を行っていたところ、夜に発熱の症状が見られ、再度抗原検査を実施した結果、陽性判定。同日にチームドクターにより新型コロナウイルス感染症の陽性と診断されたようだ。

 今現在、当該者2名は適切な対策の下で療養中。なお、Jリーグ新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づき濃厚接触疑い者の特定を行った結果、該当者はいないことも明らかにしている。

 また当該者2名を除き、トップチーム関係者(選手、スタッフ)は2日に行った抗原定性検査の結果、陰性確認が取れており、同日のトレーニングは予定通り実施。3日に開催が予定されているJリーグYBCルヴァンカップ・準々決勝第1戦 セレッソ大阪戦には、出場条件を満たした選手・スタッフで出場することも併せて伝えている。

 川崎フロンターレはクラブ公式サイトで「クラブでは、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染症防止策の周知、徹底を図ってまいります」と声明を発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO