FOLLOW US

神戸、U18所属の3選手が来季トップチーム昇格…DF寺阪尚悟、MF安達秀都、FW冨永虹七

ヴィッセル神戸は2日、ヴィッセル神戸U-18に所属する3選手のトップチーム昇格を発表

 ヴィッセル神戸は2日、ヴィッセル神戸U-18に所属するDF寺阪尚悟、MF安達秀都、FW冨永虹七の3選手が、2023シーズンよりトップチームに昇格することを発表した。

 現在18歳の寺阪は、ヴィッセル神戸U-15を経てヴィッセル神戸U-18に昇格。2021年にU-17日本代表にも選出された同選手はトップチーム昇格決定に際し、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「この度、ヴィッセル神戸のトップチームに昇格することになりました。寺阪尚悟です。自分の目標であったプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを嬉しく思います。これまでサポートしてくれた家族や友人、スタッフの方々など関わってくださった全ての人に感謝しています。アカデミーの頃からお世話になったこのクラブに恩返しできるように、また、サッカー選手として世界に羽ばたいていけるように全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」

 現在18歳の安達は、ソレッソ熊本からヴィッセル神戸U-18へと入団。熊本県出身の同選手はトップチーム昇格決定に際し、クラブ公式サイトでコメントを残している。

「この度、トップチームに昇格させていただくことになりました安達秀都です。ヴィッセル神戸でプロとしてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。偉大な選手達と共にプレーする中で様々なことを吸収し、成長に繋げて少しでも早く試合に出られるように頑張ります。そして、これまで僕を支えてくださった方々、これから僕を支えてくださる方々に感謝の気持ちを忘れずにプレーしていきたいと思います。これからよろしくお願いします」

 現在17歳の冨永は、ヴィッセル神戸U-15を経てヴィッセル神戸U-18に昇格。2021年にU-17日本代表候補にも選出された同選手はトップチーム昇格決定に際し、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「この度、トップチームに昇格させていただくことになりました冨永虹七です。小さい頃からお世話になったこのクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを嬉しく思います。ここまで来られたのも今まで携わってきた、監督やコーチ、チームメイト、そして家族の支えがあったからこそ今の自分があると思います。これからは少しでも早く試合に出て、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO