FOLLOW US

横浜FCのDF中塩大貴、ギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍「共に戦いましょう!」

横浜FCからDF中塩大貴がギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍

 横浜FCは8月1日、DF中塩大貴がギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなっており、同4日から北九州のチームに合流する予定となっている。背番号は「36」を着用する。

 中塩は1997年6月8日生まれの現在25歳。浦和レッズの育成組織出身で、立正大学を経て2020年にヴァンフォーレ甲府に加入した。ルーキーイヤーの2020シーズンは明治安田生命J2リーグで22試合に出場。翌年に横浜FCへと完全移籍で加入した。今シーズンは、2月19日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕戦の大宮アルディージャ戦から、3試合連続でフル出場。直近は出場機会を減らしており、明治安田生命J2リーグでは10試合の出場にとどまっていた。

 期限付き移籍に際し、中塩は横浜FCのクラブ公式HPでコメントを発表している。

「横浜FCファン・サポーターのみなさん。中塩大貴です。この度、ギラヴァンツ北九州に期限付き移籍する事が決まりました。チームが昇格に向けて一つになっている中、簡単な決断ではなかったですが、横浜FCで過ごした1年半の経験を基にさらに成長して帰ってきます。一年半ありがとうございました!行ってきます!」

 また、新天地となる北九州のクラブ公式HPでは「ギラヴァンツ北九州のみなさん。横浜FCから加入しました中塩大貴です。北九州の勝利のために、全力を尽くします。また、素晴らしいスタジアムでプレーできることを楽しみにしています。共に戦いましょう!応援よろしくお願いいたします!」と意気込みを語った。

 今シーズン、横浜FCは明治安田生命J2リーグ第29節終了時点で勝ち点「57」を積み上げ、首位を走っている。一方、北九州は明治安田生命J3リーグ第19節を終えて、勝ち点「23」で12位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO