FOLLOW US

J3今治、大宮からMF三門雄大を完全移籍で獲得「チームの力になれるように頑張ります!!」

今治が、大宮から三門(左)を完全移籍で獲得(写真は2020年のもの) [写真]=金田慎平

 FC今治は26日、大宮アルディージャからMF三門雄大を完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 今治のクラブ公式サイトによると、三門の背番号は「50」。同公式サイトには、以下のように三門のコメントが掲載されている。

「皆さんはじめまして。 大宮アルディージャから加入することになりました三門雄大です」

「J2昇格を目標に戦っているチームの力になれるように頑張ります!! 応援よろしくお願いします」

 また、大宮のクラブ公式サイトにも、以下のように三門のコメントが掲載されている。

大宮アルディージャを支えてくださるすべての皆様、4年半温かいご声援、本当にありがとうございました。このようなタイミングでクラブを離れることになり本当に申し訳ありません。今シーズン戦っていくなかで、チームの助けになれない自分の力不足を感じていました。また、ピッチ内外で自分の必要性を感じられないことも多くあり、まだやれるという自分の気持ちと葛藤しながら日々を過ごしてきました。そのなかで原フットボール本部長、秋元強化部長、相馬監督ともお話をさせていただき、クラブの考えも伝えてくださいましたが、ピッチに立てていない今の現状や自分の年齢などを考え、決断しました。まだまだピッチに立ち大好きなサッカーがしたい。ボロボロになるまで走り続けたい。その気持ちに勝るものはありませんでした。自分勝手な決断というのは重々承知していますが、少しでも理解していただけたら幸いです」

「最後になりますが、改めてどんな時でも温かく支えてくださったファン・サポーターの皆さん、4年半本当にありがとうございました。大宮のために戦えたことは僕の誇りです。その誇りを胸にこれからも頑張り続けたいと思います」

 現在35歳の三門は、流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て、2009年にアルビレックス新潟へと入団。2013年まで同クラブでプレーすると、2014年には横浜F・マリノスに完全移籍した。2016年にはアビスパ福岡、2018年には大宮へと加入。2020年以降は、大宮でキャプテンを務めていた。今シーズンはここまで、明治安田生命J2リーグで13試合に出場し、天皇杯でも1試合でピッチに立っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO