FOLLOW US

湘南FW根本凌が栃木へ育成型期限付き移籍「自分を強く持って頑張っていきたい」

 湘南ベルマーレに所属するFW根本凌が栃木SCへ育成型期限付き移籍をすることが決定した。15日、両クラブが発表している。なお、期限付き移籍期間は2023年1月31日までで、期間中に対戦する湘南との全ての公式戦には出場できない。栃木での背番号は「37」に決定した。

 根本は2000年生まれの現在22歳。鹿屋体育大学在学中の2020年3月に2022シーズンからの湘南加入内定が発表されると、2年連続で特別指定選手に承認され、今年から湘南に正式に加入した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグでの出場機会はなく、天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会で1試合の出場にとどまっていた。

 育成型期限付き移籍が決定した根本は湘南のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「環境が変化しても地に足をつけて成長できるよう頑張ります。皆さまの熱い応援を糧に、今後も自分を強く持って頑張っていきたいと思います」

 そして、加入する栃木のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「栃木SCに関わるすべての方々のために、自分の良さである攻撃の起点となるプレーを発揮し、結果という形で示せるように自分を表現したいと思います。また、常に前を向いてチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。皆さん、共に戦いましょう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO