FOLLOW US

【京都vs清水プレビュー】2016年のJ2以来となる顔合わせ…通算対戦成績は清水が大きくリード

[写真]=兼子愼一郎、小林渓太

京都サンガF.C.

【プラス材料】
 GWの3連戦は勝利なしだったが、失点も3試合で3失点のみ。いずれもセットプレーからのもので、流れの中では守備力を発揮している。

 DF麻田将吾、DFメンデス、DFアピアタウィア久という高さと速さを兼ね備えたDFが並ぶ最終ラインの安定は心強い。そこに負傷離脱していたパリ五輪世代のボランチMF川﨑颯太も、今節からの復帰が濃厚だ。

 前線でも前節の北海道コンサドーレ札幌戦でFW宮吉拓実がスタメン復帰し、MF武富孝介らも合流。選手層が充実してきたことをプラス材料としたい。

【マイナス材料】
 3試合で得点が1つだけ。FWピーター・ウタカが得点ランキング首位と好調を維持しているが、チームとしての攻撃力アップが課題となっている。

 連戦中は試合間隔が短く、疲労の影響もあってか前線からのプレスでボールを奪ってカウンターを仕掛ける回数が少なかった。1週間の間隔が空き、フレッシュな状態で挑むことで事態を好転できるかどうか。

 また、川﨑の復帰は朗報だが、MF福岡慎平の不在で層の薄い中盤は引き続き苦しいやり繰りを強いられている。前節はDF井上黎生人をアンカーで起用したが、攻守で課題が見られた。

文:totoONE編集部

清水エスパルス

【プラス材料】
 前節は川崎フロンターレに0-2で完敗したため、短期でのプラス材料は少ないが、攻撃に関しては上積みが継続している。川崎F戦はシュート5本だったが、決定機も同じぐらいあり、ゴールの匂いが乏しかったわけではない。

 また、FWカルリーニョス・ジュニオが復帰後で最も良い動きを見せ、期待を抱かせた。右サイドバックのMF原輝綺が負傷欠場した中、代わりに出場したDF片山瑛一が遜色ない働きを見せたこともプラス要素。敗れはしたが、内容が大崩れしたわけではない。

【マイナス材料】
 湘南ベルマーレに快勝してムードが良くなりかけた直後にホームで川崎Fに敗れ(6試合ぶりの敗戦)、波に乗りきれない状況は続いている。

 また、前節を原が欠場したほか、今週はMF鈴木唯人とMF松岡大起がケガのためU-21日本代表の合宿に不参加。再び故障者が増えているのは気がかりで、特に鈴木唯が今節を欠場する事態になれば、チームにとってかなり痛い。

 京都サンガF.C.との対戦は、J2に降格していた2016年以来でほぼ未知の相手。初物があまり得意ではない清水エスパルスには不安要素のひとつとなる。

文:totoONE編集部

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO