FOLLOW US

阿部勇樹氏、オシム氏急逝に哀悼「自分を鍛えてくれた恩師」…巻誠一郎氏「人生の師」

イビチャ・オシム氏(写真は2007年のもの) [写真]=Getty Images

 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が亡くなったことを受け、阿部勇樹氏と巻誠一郎氏が追悼のメッセージを投稿した。

 オシム氏は2003年から2006年途中までの約3年半にわたり、ジェフユナイテッド千葉で監督を務めると、2006年夏に日本代表監督に就任。新たな戦力や若い選手を起用しながら南アフリカW杯出場を目指すが、2007年11月に脳梗塞で倒れ、代表監督を辞任。故郷のサラエボへと戻っていた。ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会は5月1日に自宅のあるオーストリア・グラーツにて同氏が逝去したと伝えている。享年80歳だった。

 阿部氏は自身の公式ツイッターを更新。「2003年ジェフの監督になり、まだまだこどもだっだ、自分を鍛えてくれた恩師!オシム監督から、サッカーとは何か。人生とは何か。教えていただきました。今の自分があるのは、オシム監督の指導のおかげです!またお会いにいって、サッカーの話をいっぱいしたかった」と投稿した。

 続けて、オシム氏との2ショット写真を掲載し、「オシム監督から学んだ事は、自分の今後の人生で大事な事であり、それをしっかりと伝えていけるように頑張ります。サッカーが好きで好きでたまらない、オシム監督!感謝しております。日本に来てくれてありがとうございます。必ず報告しに行きます。心よりご冥福をお祈りいたします」とつづった。

 また、巻氏は自身の公式インスタグラムを更新。「オシムさん 僕にとってオシムさんはサッカーだけでなく、人生の師です。伝えたい事が溢れすぎて、書ききれません。1つだけ言える事は、サッカーを辞めた今でもオシムさんの教えを体現しています。巻は巻だから。巻にしか出来ないことがある。これからもオシムさんから学んだサッカーを、人生の中で体現していきます。オシムさん、心よりご冥福をお祈りします。ゆっくり休んでください」と悼んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO