FOLLOW US

名古屋、徳島からMF石田凌太郎の復帰を発表「相当な覚悟をもって戻ってきました」

 名古屋グランパスは14日、徳島ヴォルティスへ育成型期限付き移籍をしていたMF石田凌太郎が復帰することを発表した。

 石田は2001年生まれの現在20歳。名古屋グランパスU-12から同U-15、U-18を経て、2020年にトップチームに昇格した。今年1月に徳島へ育成型期限付き移籍していたが、ここまで出場機会はなく、名古屋に復帰することが決定した。なお、背番号は「46」となり、14日からチームに合流するという。

 復帰が決定した石田は名古屋のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「グランパスファミリーの皆さん!ただいま!石田凌太郎です。相当な覚悟をもって戻ってきました。日本一のファミリーの皆さんの前で、ぶっちぎってゴールまで突き進みます!!スタジアムで会いましょう!」

 そして、育成型期限付き移籍をしていた徳島のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「皆さんの前でプレーしている姿は見せられませんでしたが、スタジアムで感じた徳島ヴォルティスの一体感は忘れることはありません。徳島にいた選手としてまた応援していただけるような選手になります。短い間でしたが、ありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO