FOLLOW US

【広島vs神戸プレビュー】連戦の中で軌道に乗り始めた広島…神戸は鬼門の敵地で7年ぶりの勝利なるか

[写真]=J.LEAGUE、森優斗

サンフレッチェ広島

【プラス材料】
 前節の北海道コンサドーレ札幌戦の前半、前からのプレッシングを外されはしたものの勇気をもって貫き、自分たちのペースに持ち込んで勝ち点1を獲得。JリーグYBCルヴァンカップの名古屋グランパス戦も前からの守備によって相手を押し込み、2-0で結果・内容ともに完勝。試合を重ねるごとに、やるべきことの練度が高まってきた。

 ケガから復帰したMF森島司が札幌戦でゴールを決め、ルヴァンカップではルーキーのFW満田誠や苦闘していたFWジュニオール・サントスが得点を挙げるなど、チャンスを得点につなげるヒーローも生まれ始めている。

【マイナス材料】
 名古屋戦でFWドウグラス・ヴィエイラが脳振とうの疑いで途中交代し、今節のヴィッセル神戸戦は出場できない。MF東俊希も足のケガのためプレー続行ができなくなり、神戸戦のメンバーに入ることは微妙だ。

 他にも、連戦の影響でコンディションに問題を抱えている選手がいることも事実。DF佐々木翔はルヴァンカップも含めて公式戦全試合に出場しており、DF塩谷司も札幌戦と名古屋戦に連続フル出場。中2~3日の連戦が続いているだけに、彼らの疲労も気になるところだ。

文:紫熊倶楽部 中野和也

ヴィッセル神戸

【プラス材料】
 4試合を終えて白星がないヴィッセル神戸だが、水曜日の前節は横浜F・マリノスを相手に多くのチャンスを作った。特にMFアンドレス・イニエスタとMFセルジ・サンペールを投入した後半は大幅にポゼッション率が向上。超攻撃的な横浜FMよりも多い12本のシュートチャンスを作っている。

 中でも、後半に左サイドバックから右サイドバックへ移ったDF酒井高徳は相手陣内に深く切り込んでチャンスを創出。また、先発起用のFW小田裕太郎が何度かビッグチャンスを迎えるなど、今節につながる好材料もあった。

【マイナス材料】
 4試合で6失点の守備は大きな不安材料だ。

 第2節のアビスパ福岡戦は無失点だったが、名古屋グランパス、浦和レッズ、横浜FMといった昨季の上位陣にはそれぞれ2失点ずつ喫している。酒井は「開幕から2失点が3試合はありえない数字。守備の一員として早急に解決しなければいけない」と厳しい表情を見せた。

 攻撃面では4試合で2得点と不発傾向。そのうち1ゴールを挙げているFW武藤嘉紀が横浜FM戦で負傷交代。守備面でも貢献度が高かっただけに、離脱となればかなりの痛手だ。

文:totoONE編集部

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO