FOLLOW US

横浜FM、川崎Fに逆転勝利で今季初白星! エウベル&仲川輝人が2ゴール

2022.02.23

川崎Fに逆転勝利を収めた横浜FM [写真]=金田慎平

 2022明治安田生命J1リーグ第9節が23日に行われ、横浜F・マリノス川崎フロンターレが対戦した。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の影響で前倒し開催となった昨シーズンの1位、2位対決による“神奈川ダービー”。開幕戦はセレッソ大阪と2-2で引き分けたホームの横浜FMは、前節からスタメン2枚を変更。畠中槙之輔水沼宏太に代わって、加入後初出場となるエドゥアルドエウベルが先発入りを果たした。

 一方、開幕戦は苦戦しながらもFC東京との“多摩川クラシコ”を1-0で制した川崎Fは、スタメン3枚を変更。車屋紳太郎大島僚太マルシーニョに代わって、山村和也橘田健人宮城天が先発に名を連ねた。

 試合は6分、縦パスから右サイドを突破したエウベルが中へと折り返すと、走り込んだレオ・セアラは山村と交錯してシュートが打てず、エリア内で倒れたが、そのまま試合は続行。横浜FM側はファウルだと抗議したものの、VARチェックの結果、ノーファウルで試合は再開された。

 29分にはカウンターから右サイドを突破した家長昭博が左足を振り抜くと、DFに当たったボールはゴール前のレアンドロ・ダミアンの下へ。これを押し込んでネットを揺らしたものの、L・ダミアンのポジションがオフサイドだったため、ゴールは認められなかった。

 試合が動いたのは32分。細かいパス回しから最後は登里享平のパスで前線に抜け出した橘田健人が中へと折り返すと、家長が難しいバウンドのボールを右足で合わせて、アウェイの川崎Fが先制に成功した。

川崎フロンターレ

先制に成功した川崎F [写真]=金田慎平

 後半に入り57分、左サイド高い位置でボールを受けたマルコス・ジュニオールが右足でファーサイドへとクロスを上げると、高い打点からエウベルが頭で叩き込み、横浜FMが同点に追いつく。直後の58分には、右サイドを突破したエウベルのクロスに走り込んだ仲川輝人が右足で合わせ、勝ち越しに成功した。

エウベル

同点弾を挙げたエウベル [写真]=金田慎平

 勢いに乗った横浜FMは64分、ペナルティエリア付近で右からのクロスをトラップしたM・ジュニオールが後ろに落とすと、走り込んだエウベルが右足を振り抜く。これがブロックした橘田の足に当たって、そのままゴールイン。リードを2点に広げた。

 追いかける川崎Fは73分、家長のパスから右サイドを突破した山根視来がクロスを上げると、途中出場の知念慶が頭で叩き込み、1点を返した。

 それでも78分、ペナルティエリア外左でパスを受けた仲川が右足を振り抜くと、シュートは弧を描いてゴール右上隅に当たりながら吸い込まれ、横浜FMが再びリードを2点に広げた。

仲川輝人

2ゴールを挙げた仲川 [写真]=金田慎平

 88分には、右コーナーキックからL・ダミアンが頭で叩き込み、ネットを揺らしたものの、GKとの競り合いのところがファウルとなり、ゴールは認められなかった。

 試合はこのまま終了。勝利した横浜FMは今季初白星を飾った一方、王者・川崎Fはリーグ戦2試合目で初黒星を喫した。次戦、横浜FMは27日にアウェイで柏レイソルと、川崎Fは26日にアウェイで鹿島アントラーズとそれぞれ対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 4-2 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 32分 家長昭博川崎フロンターレ
1-1 57分 エウベル横浜F・マリノス
2-1 58分 仲川輝人横浜F・マリノス
3-1 64分 エウベル横浜F・マリノス
3-2 73分 知念慶川崎フロンターレ
4-2 78分 仲川輝人横浜F・マリノス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO