FOLLOW US

神戸、FW田中順也との契約満了を発表「僕自身はまた新たなチャレンジを楽しみにしています」

田中順也が契約満了 [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸は27日、元日本代表FW田中順也との契約満了に伴い、2022シーズンの契約を更新しないことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在34歳の田中は、2010年に順天堂大から柏レイソルへと加入。2011シーズンはJ1リーグで30試合13得点を挙げ、柏のリーグ優勝に大きく貢献した。また、2012シーズンに天皇杯、2013シーズンにはJリーグカップを制している。

 2012年には日本代表デビューを飾り、通算4キャップを記録。同選手は2014年夏にポルトガルの名門スポルティングへと完全移籍し、同クラブでは公式戦通算35試合出場7ゴール6アシストを記録した。

 2016シーズンに期限付き移籍で柏に復帰し、2017年に神戸へ完全移籍。神戸では5シーズンでJ1リーグ通算93試合13得点、リーグ杯通算16試合6得点、天皇杯通算11試合6得点、AFCチャンピオンズリーグ通算3試合出場を記録した。2019年には天皇杯を、2020年にはスーパー杯を制した。

 田中は発表に際し、神戸のクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「僕のヴィッセル神戸での旅路が終わりをむかえました。5年間という素晴らしい時間をヴィッセル神戸サポーターと共に過ごせたことが、何よりも幸せでかけがえのない財産となりました」

「特に2019年に天皇杯でヴィッセル神戸初のタイトルを獲得することができました。メリケンパークに集まってくれたサポーターの人たちと一緒に喜びを分かち合ったあの瞬間が忘れられない思い出です」

「それから、今年の最終戦であるサガン鳥栖戦のラストタイムでゴールを取れたこと。5年間の思いが詰まったゴールになりました。試合に出たら必ずゴールかアシストをしたいと思っていたので、達成できて本当に嬉しかったです。そして試合後にサポーターが手拍子で応援歌を表現してくれたこと。最後の試合で自分の応援歌を聞けたことに本当に感動的でした。ありがとうございます」

「あとは、沢山のパスを供給してくれた頼もしい仲間たちに本当に感謝したいです。いつ、いかなる時も、味方のサポートなしに自分のゴールはありません。素晴らしい選手たちと練習を共にし、過ごせた1日1日が幸せでした。ありがとうね。かわいい後輩たちの更なる成長と成功を願っています」

「この5年間でヴィッセル神戸は少しずつ少しずつ、力を増し、ヴィッセル神戸のスタイルを確立できるようになってきました。その成長の過程を一緒に歩むことができたことはとても貴重な経験になりました。スタッフの方々のチーム作りに対する努力や修正力は本当に素晴らしかったと思います。選手として、幸せな時間を過ごせたのも、支えてくれたチームスタッフの方々のおかげでした。ありがとうございました」

「僕自身はまた新たなチャレンジを楽しみにしています。また決まり次第報告いたします。それでは、良いお年を〜!!」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO